メルマガ第89回2011.3.30発行分、無題 - 書類作成・申請 - 専門家プロファイル

折本 徹
折本 徹 行政書士事務所 
東京都
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:法律手続き・書類作成

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

メルマガ第89回2011.3.30発行分、無題

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 法律手続き・書類作成
  3. 書類作成・申請

行政書士が綴る国際結婚「フィリピーナに恋して」 

第89回2011.3.30発行 無題

行政書士の折本徹です。

東日本大震災があった後の初めてのメールマガジンになります。

 

改めまして、

亡くなられた方達のご冥福をお祈りいたします。

被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

 

地震後、最初のメルマガになりますので、テーマは、なかなか難しく、

普段通りに書いた方が良いのではないか、と思いましたが、

今回は、地震に関連することを書きます。

 

テレビや新聞等で取り上げられましたが、日本から出国する外国人達が多いということは、見聞きされたと思います。

私は、地震のあった次の週になりますが、

16日に、東京入国管理局横浜支局川崎出張所(最寄り駅は、小田急線の新百合ヶ丘駅)

17日は、品川の東京入国管理局

へ行きました。

両日、両方とも、大混雑していました。

 

再入国許可、という制度があるのですが、その許可を求める人達が殺到していたからです。

再入国許可と言うのは、

長期滞在の在留資格を得ている人が、日本から出国し再び入国するために、

事前に許可を得ておく制度です。

地震より原発の方が怖いから、出国する、と考えた人達が多かったようです。

 

本気で帰国しようとするために、再入国許可を求めた人達なのか、

とりあえず再入国許可を得ておこう、と考えた人達なのか、

は、わかりませんが、

国籍に関係なく、どこから、こんなに集まってくるのだろう?という感じでした。

3月30日付けの日本経済新聞に、駐日中国大使の話として、

「(たぶん、地震後、中国人は)9,000人以上が帰国した」とありましたので、

国籍、老若男女を問わず、その多さがわかる、と思います。

 

又、外国人の被災者についてですが、

過日、語学教師の米国女性が亡くなられた、ことは報じられましたが

一般的に、あまり報じられていないようです。

 

地震後のこれから、ですが、

日本に残っている外国の人達も多い、と思いますし、

帰国した外国の人達も、戻ってくるでしょう。

復興、という言葉は、現時点において軽々しくは使えませんが、

日本、外国、という国籍を問わず、

皆で協力していこう、になるのかな、思います。

 

とりとめもなく書きましたが、

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

引き続き、登録を継続していただければ、嬉しく思います。

 

このメルマガも、平成14年の10月から発行していて、

何気に、9年目に入りましたので、今後も引き続きよろしくお願いします。

 

このメルマガは、まぐまぐを利用して発行しています。

登録は http://www.mag2.com/m/0000097197.html

よりできます。

 

VISA・在留資格研究会

行政書士 折本徹事務所

http://www.toruoriboo.com

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム