カルテなど医療機関で保存が求められる書類の保存期間 - 医療経営全般 - 専門家プロファイル

原 聡彦
合同会社MASパートナーズ 医業経営コンサルタント
大阪府
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:医療経営

原 聡彦
原 聡彦
(経営コンサルタント)
原 聡彦
(経営コンサルタント)
原 聡彦
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

カルテなど医療機関で保存が求められる書類の保存期間

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 医療経営
  3. 医療経営全般

こんばんは。医業経営コンサルタント
原聡彦(はらとしひこ)です。

本日はカルテなど医療機関で保存が求められる書類の保存期間についてお伝えします。

1.診療録(カルテ)の保存期間は?
⇒医師、歯科医師が作成する診療録(カルテ)は医師法、歯科医師法により5年間の保存が求められています。

2.レントゲンの保存期間は?
⇒診療放射線技師法により、原則2年間、保険医療機関は3年間の保存が求められています。

3.診療所で実施した生理検査のデータ(心電図、エコーなど)保存期間は?
⇒検査結果成績の保存期間は法的には明記されていません。一般的には診療録と同様と考え5年間の保管をしているケースが多いように思います。

4.歯科衛生士の記録の保存期間は?
⇒歯科衛生士法施行規則で3年間の保存が求められています。

5.助産録の記録の保存期間は?
⇒助産師が作成する助産録は助産師法により5年間の保存が求められています。


以上、代表的な書類の保存期間をまとめましたので参考にして頂ければ幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。感謝!

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

NECネクサソリューションズ医業経営者向けのポータルサイトのコラム 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2013/10/05 20:42)

ウオッチ2012年介護報酬改定 リハビリテーション編 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2012/01/13 16:05)

医療法人化のメリット・デメリット 河野 理彦 - 行政書士(2012/01/11 17:33)

診療所における看護師求人でハローワークをフル活用した事例 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/05/08 13:28)