東北地方太平洋沖地震について - 建築家への相談 - 専門家プロファイル

福本 省三
兵庫県
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

山崎 壮一
(建築家)

閲覧数順 2017年08月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

東北地方太平洋沖地震について

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 建築家への相談
家づくり 耐震

この度の東北地方太平洋沖地震に被害に遭われた方皆様に心よりお見舞い申し上げます。

今もこの寒さの中救助を待たれている方や避難所で過ごさなければ行けない方々の事を思うと本当に心が痛みます。

私も阪神大震災を経験し地震の恐ろしさや、復興までの大変さを身にしみております。

以前より耐震関係の仕事を手がけておりますが、それもその経験があっての事です。

ただし、今回の地震では大津波や原発の問題など建築の技術力だけでは解決出来ない問題が数多く有ることを実感しました。

一人の人間として出来る事が限られていることや、耐震補強などを施してもあのような大津波の前では無力なのかと思ってしまいます。

それでも、別の場所では耐震補強をして助かった方もいるかもしれませんし、自分が出来る事は建物の設計や耐震関係の事しかありませんので、今後も出来る事はどんどんやっていこうと思っています。

今は未だ救助やインフラの問題が優先ですので、募金や物資の支援させて頂こうと思っていますが、今後役に立つようであれば現地に行って貢献出来ればと思ったりしております。

また、被災地以外の方々も今回は対岸の火事として見ておられる方は居ないと思いますが、今一度建物の耐震性や地震についての備えを考えられてはいかがでしょうか?

しかし、こういう動画を見ると本当に感動しますね。がんばりましょう。

このコラムに類似したコラム

南海トラフ地震の津波の最大値が見直されました 福味 健治 - 建築家(2013/08/12 07:28)

耐震基準って? 青沼 理 - 建築家(2011/12/25 11:52)

震災後、海の見える家のお施主さんからのコメント 遠藤 浩 - 建築家(2011/03/21 23:52)

講座第2回【『耐震性』の高い暮らし】@東京 須永 豪 - 建築家(2015/12/10 13:00)

危機感の相違について(3.11を経て) 須永 豪 - 建築家(2013/07/07 15:05)