おこづかいで何を買う? - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

羽田野 博子
株式会社くらしと家計のサポートセンター 代表取締役/(株)アドバイザーズIFA
千葉県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

おこづかいで何を買う?

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
お金の教育とは? おこづかいで始める金銭教育
一般的におこづかいで買うものは『ほしいもの』であったり、『すきなもの』ですが
その中に含めてほしいのが、文房具です。おこづかいをあげるのは、金銭管理を教えるため。そのためには、どうしても必要な文房具などの“ニーズ”を入れましょう。
最初はノートだけ、なれてきたら、ノートと鉛筆、消しゴム、と増やしていきます。
小学生のうちに、文房具すべてを自分で管理できれば成功です。

文房具を自分のお財布から買うと、大事に長く使うし、いかに安く買うか、長く使うかも工夫するようになります。

金銭教育で大切なのは、限りあるお金をやりくりし、ほしいものを買うために工夫をするという体験です。そう、お母さんがいつもやっているやりくりを学ばせることです。

おこづかいで金銭教育をはじめてみませんか?