友人との共同制作(起業) (Q&A回答続き) - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

代表取締役
社会保険労務士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

友人との共同制作(起業) (Q&A回答続き)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
Q&A番外編 合同会社 (LLC)
[ちなみにここではお話しませんが、逆に(3)には(1)(2)にない税制面のメリットが用意されている点に大きな特徴があります、ご興味があればお問い合わせください]  顧客との取引上支障がなければより負担の軽い(3)での運営も選択の余地は出てくるかと思います。


2. 会社等設立・運営コスト


次にこれら3つの「ハコ」を作るコスト(登録免許税・印紙代・専門家 [司法書士] への手数料など)の目安は以下のとおりです。

  (1) 25〜35万円
  (2) 10〜20万円
  (3)  6〜15万円

あと組織運営上のコストについてですが、ひとまず人の雇用を考えなければ、基本的な会社の維持費としては、決算業務など会計関連の専門家(税理士さん)への依頼コストが(専門家、運営形態により多少のばらつきはありますが)年間約 50万円 ほど、また(1)(2)については決算が赤字であっても(東京都の場合)最低 ''7万円'' の税金の支払いは必要になってきます。
あとお二人が会社から何らかの「報酬」をとる場合、その報酬額の 約12% の社会保険料の会社負担なども運営コストとして考えておく必要があります。 (人を雇用すれば、概ねお給料に対しほぼ同率の約 [13%] のコスト負担が別途強いられます)

以上、3つの運営形態の概略につきお話しましたが、紙幅の制約上それぞれの運営形態について詳細な違いをお伝えすることができず申し訳ありません。 
税効率や経済性など詳細な検討をご希望であれば再度ご質問、お問い合わせにて対応させていただきますのでご遠慮なくお申し付けください。

今後ともAll About ProFileをよろしくお願いします。

  【画像】 ''バルセロナ ゴシック地区のとあるブティック ''

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

カテゴリ 「Q&A番外編」のコラム