メンタルリスクテイク(2) - 心の不安・性格改善全般 - 専門家プロファイル

山本 啓介
有限会社 山市商事 代表取締役
ビジネスコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

中西 由里
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)
斉藤ヒカル
(潜在意識セラピスト)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

メンタルリスクテイク(2)

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 心の不安・性格改善全般

好きや才能をお金に変えるビジネスコーチング
スターライトナビゲーションへようこそ☆

何ごとも、したことがないことって、不安で怖いですよね。
だって、経験がないから、どんな感覚なのかわからない。


たとえば、遊園地で新しいアトラクションがお目見えしたとき。
乗らなきゃわからないですよね。

ただし、ジェットコースターなどの絶叫系などの想像のつくようなものは
なんとなく、どんなものなのか予想できますよね。

この予想や想像は、今までの知識や経験などからの仮定です。
思い込みというよりも、実際に体験したものが中心となってます。


まったく初めての、それも見た目では想像もつかないもの・・・
今までの知識や経験が通じない。
予想ができないから 怖いですよね。 不安ですよね。

体験した人たちや、まわりの反応で、想像しますよね。
それで、不安と期待値を割り出して、乗るか乗らないかを判断するとか。


仮に、食べ物でいう「食べず嫌い」

食べたこともないのに、憶測や想像で判断してしまう。


これも、まったく見たこともない、知らない料理。
(これはかなりの確立で遭遇すると思います)

不安ですよね。 怖いですよね。

でも、食べてみたら案外とおいしい。 なんてことありますよね。


これ  「メンタルリスクテイク」 と同じコトです。

 

精神的なリスク(恐怖や不安)などを冒すことで手に入れるギフト

 

わたしたちの多くは、過去の知識や経験で物事を想像します。
それは、動物の本能でもあり、生きていく上で必要なものです。
これを壊すということではありません。


ただ、、、過去の知識や経験がどれほどのスケールがあるか? です。

自分自身がどれくらいの知識や経験があるというのでしょう。
個人個人によって主観、客観、価値観などさまざまであるし、
物事の判断基準である物差しも違ってくることでしょう。


大切なことは、 それを「知っている」ことです。


自分の経験値で判断してしまうことは、幸せに豊かにすごす邪魔をしてしまいます。


好きなことを中心に、好きなことで生活していくには

やったことがないから、上手くいくかわかならい。
失敗すればどうしよう。とか、どうやってすればいいのか。

と、不安な要素ばかり明確になります。

危険を冒して、好きなことに飛び込むよりも
あまりしたくない仕事をして、たまに上司に怒られるくらいなら、
そっちのほうが、まだ我慢が出来る、考えるわけです。


今まで、我慢して、耐えてきた痛みはわかっている。
わからない痛みよりも、わかっている痛みをとる。
誰しもが、思うことです。

あえて、知らない痛みを選択するなんて、、、、いませんよね。


ただ、自分の経験値で判断していることさえ知っていれば。
その判断や答えが、ただの思い込みでもあることに気がつくでしょう。


かんたんなことからで、よいので、


怖くてやれなかったコトに取り組んでみてください。


リスクを冒した者には、ギフトが待っています。


 

このコラムに類似したコラム

「生きる力!ストレスに負けない」その5 マイナス因子をプラスに変換① 本多 由紀子 - ホリスティックケアセラピスト(2014/07/17 23:01)

生きる力は、夢を持つこと 本多 由紀子 - ホリスティックケアセラピスト(2013/06/06 15:51)

男性性の成熟とは フラワーエッセンスセラピー バルガ 本多 由紀子 - ホリスティックケアセラピスト(2013/01/29 13:11)

失敗の経験から学ぶ知恵の大切さ 本多 由紀子 - ホリスティックケアセラピスト(2012/04/02 13:11)