商品の魅力は伝わっているだろうか? - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

深井 貴明
商売設計株式会社 感性マーケッター | セールスコピーライター
広島県
マーケティングプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
福田 幸治
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

商品の魅力は伝わっているだろうか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略

先日、Yシャツを買おうと、Yシャツ専門店に入りました。
私は、その店の商品デザインや商品数の多さが気に入っており、よく利用しています。
商品を眺めていたら、ふと1枚のボードに気づきました。
ボードと言ってもA4サイズで小さく、それも目立たない場所に置かれていました。
そこには「当店のYシャツは、標準用と細身用の2種類を用意している」という旨が記載されていました。
それを読んで初めて、このお店にはそんな商品区別があることを知りました。
早速、細身用を試着してみると、私の身体にピッタリです。
店員に話を聞くと、Yシャツのサイズは以前から2種類用意してあるとのことでした。
そんなことも知らず、私は今まで標準用のYシャツを購入していたのです。

 

サイズを2種類用意してあるのは、この店の強みであり価値です。
それがお客様に伝わっていないのは、大変もったいないことです。
伝わっていない価値は、価値がないのと同じです。
実はこの例のように、会社側は伝えているつもりでも、お客様に伝わっていない、ということはよくあります。

 

たとえば、DMの反応が悪い原因は、封筒内の中身にあるのではなく、 そもそも開封されていないのかもしれません。
POPを書いても、お客様の導線や目線から外れた場所に置かれてあれば、読まれることはありません。
ホームページも同様です。検索エンジンに引っかからず、誰からもアクセスがなければ、存在していないのと同じです。
価値を伝えるためには、まず目立つこと、存在に気づいてもらうことが重要です。
たったそれだけで、価値の伝達力は格段に上がります。

 

販促物や広告物を見直す際に、そもそも気づいているのか?読まれているのか?という視点で検証してみてはいかがでしょうか?

 

そのほかの、商売繁盛に役立つ話を読みたい方は、こちら

私のブログを読みたい方は、こちら

このコラムに類似したコラム

シンカナビホームページをリニューアルしました。 本森 幸次 - ファイナンシャルプランナー(2015/02/10 10:40)

【事例紹介】「もう店はいらない。」 明るい閉店志向 市竹 裕 - Webプロデューサー(2013/02/21 01:57)

Webも印刷物も売れる仕組みがあってこそ活きる 鮎飛 龍男 - Webプロデューサー(2010/12/16 09:32)

販促・広告ピックアップ【ほぼ週刊 情報クリップ】<2014/10/11-10/17> 有馬 典寿 - 販促・広告お助け人&1枚企画書ライター(2014/10/20 09:00)

販促・広告ピックアップ【ほぼ週刊 情報クリップ】<2014/10/04-10/10> 有馬 典寿 - 販促・広告お助け人&1枚企画書ライター(2014/10/15 10:05)