●「離婚・子育て」も恐くない!「強みを生かす仕事」 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

鴫原 弘子
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

●「離婚・子育て」も恐くない!「強みを生かす仕事」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
■【独立プロフェッショナル】=専門家への道
こんにちは、しぎはらです。

『会社を辞めてデザイナーになる!』
『デザイナーで食べていける人間なんて
ほんの一握りなのよ!』

【手に職=国家資格】と考えていた母には
なかなか理解されませんでした。

研究開発部での仕事は
【機械工学設計と製図※現在のCAD】
このスキルを磨き続ける事も可能でしたが、
私の描いていた「新しい働き方」への可能性は
見出す事が出来ませんでした。

でも、ファッション業界であれば

1.【これまでの自身の学んできたデザイン】を軸にできる!

2.【今後伸びていく業界=求人需要が必ずある】
 今後の伸びが期待できる労働市場!

3.自身のスキルに更に付加価値をつけて
 【市場価値の高い自分になれる】可能性が高い!

これらを、現実化できるという答えに至ったのです。

2年間お世話になった会社を退職し、
アパレル会社で
デザイナー見習いとして働き始めました。

私はデザインは描けたのですが
「型紙」を引くことができませんでしたので、
先輩デザイナーに指導を受けていました。

会社では、週に一回
企画部長にデザインを提出することになっていたのですが
あるとき、私のデザインが
先輩に、そのまま盗まれてしまいました。
 
『型紙をひけない限り同じ事は起こる。』
この事をきっかけに
会社から一番近い「服飾専門校」を探し
仕事後に夜間クラスで
「型紙=パターンメーキング」を学びました。

今考えると
「デザインを盗まれた体験」は
「型紙という基本を学ぶ」きっかけでもあったのですから
会社というのは、自分を鍛えてくれる場でもあり
学びの場であると思います。

その後、別のアパレルに転職。
デザイナーとして「一番大切な事を学ぶ」という
始めての【苦い経験と成功】の、両方を体験する事に。

☆続きは次回。