自院の魅力を伝える広告・広報活動(前編) - 医療経営全般 - 専門家プロファイル

原 聡彦
合同会社MASパートナーズ 医業経営コンサルタント
大阪府
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:医療経営

原 聡彦
原 聡彦
(経営コンサルタント)
原 聡彦
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自院の魅力を伝える広告・広報活動(前編)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 医療経営
  3. 医療経営全般

こんばんは。医業経営コンサルタント
原聡彦(はらとしひこ)です。

本日は自院の魅力を伝える広告・広報活動(前編)についてお伝えします。

自院の認知度をあげるために広告も広報もとぢらも大切なPR方法です。医療機関は広告規制により広告でPRできることは規制されているので広報活動を上手に活用して自院の魅力を伝えていくことを提案しています。

自院の魅力を一人でも多くの方に知ってもらうことは立地条件に左右されない医療機関の経営をしていくためのポイントとなりますので広告と広報の使い分けを実践して頂きたいと思います。

1.広告と広報の違い
簡単にお伝えすると、広告は、不特定多数を対象とした医療法の規制があるもので広報活動は特定多数を対象にするもので法律等の規制はありません。

2.自院の認知度向上のための両輪となる広告と広報
自院の認知度を上げるためには広告と広報は両輪でバランスが大切です。広告と広報のそれぞれの特徴を押さえて自院の認知度を向上させるのに役立つかどうかという視点で考えて頂きたいと思います。

3.広告選定の注意点
クリニック開業前、そして開業1カ月目は、多くの広告業者から連絡や飛び込み営業が熱心に相次いであります。開業前と開業後という非常に忙しい状況の時に熱心な営業がありますので、通常では考えられない契約にサインをしてしまったりしてしまいます。

業者のなかには、広告の役割を果たさない業者もありますので、広告業者を選定するときは自院を認知させる目的にあっているか冷静かつ慎重に考えることと第三者に相談する事を提案しています。


本日はここまで。明日は広告と広報活動の媒体について私の経験から特徴や定量方法についてお伝えしたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。
感謝!

 

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

自院の魅力を伝える広告・広報活動(後編) 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/01/26 10:20)

NECネクサソリューションズ医業経営者向けのポータルサイトのコラム 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2013/10/05 20:42)

ウオッチ2012年介護報酬改定 リハビリテーション編 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2012/01/13 16:05)

医療法人化のメリット・デメリット 河野 理彦 - 行政書士(2012/01/11 17:33)