窓辺のベンチですごす、心地よさ - 建築家への相談 - 専門家プロファイル

小形 徹
小形 徹 * 小形 祐美子 +プロスペクトコッテージ 代表
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

窓辺のベンチですごす、心地よさ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 建築家への相談

 

< 窓辺のベンチですごす、心地よさ >

 

古いRC造の建物をスケルトンリフォームしたこの家には、敷地形状を反映した

不思議な角度を持った壁や梁があった。

計画を進めている中、道路に面した腰窓の前に不思議な一角ができた。

ここに窓辺のベンチを設えた。

ムクのマツの集成材で作られたこのベンチは、建主である母親とその子供たちが語り合い、

あるいは夫婦で静かに過ごす、そんな場所になった。

 

西欧では、窓前の一角をウィンドウ・シートと呼ぶコーナーに仕立て上げることが多い。

ここに腰掛けて本を読んだり、お茶をしたりする、そんな場所である。

暖炉をに目をやったり、読みかけの本がおいてあったり、ホットワインや・・・。

そんな、あたかもそこに住まう人自身のような、暖かな場所。

 

ここに座っているとまるでこの部屋の一部になったような、不思議な安心感が生まれてくる。

既存の建物の構造上の制約と、新しい内部空間との間に生まれた不思議な窓辺。

背後の窓からの暖かな光に包まれている時間は、とても幸せで、静かで豊かな広がりがある。

これからの家族の暮らしをやさしく見守るベンチとなった。

 

そんな窓辺のベンチの<心地よさ>。

 

大田区山王 H 邸 / スケルトンリフォーム / RC造5階建て建物の4階部分

設計・監理:小形 徹 * 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

このコラムに類似したコラム

リフォーム・・どんな事ができるの?誰に頼むの? 志田 茂 - 建築家(2012/08/10 15:57)

中古マンションの選び方 その5 奥山 裕生 - 建築家(2011/04/13 17:00)

設計事例「掘り炬燵のあるリビング」 奥山 裕生 - 建築家(2011/03/27 17:02)

潜在的な力を信じて生かす、心地よさ 小形 徹 - 建築家(2010/12/25 10:48)

ムラサキツユクサ 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2016/07/24 22:50)