スタッフの採用は入り口管理が重要 - 病院施設の教育と人事・採用 - 専門家プロファイル

原 聡彦
合同会社MASパートナーズ 医業経営コンサルタント
大阪府
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:医療経営

原 聡彦
原 聡彦
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

スタッフの採用は入り口管理が重要

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 医療経営
  3. 病院施設の教育と人事・採用

最近、医療機関からご相談の多い職員トラブルをテーマに書きたいと思います。

採用後、半年経過するスタッフに仕事内容のことで注意すると「私、面接のときにそんな事聞いていません!」と逆ギレされ、スタッフと来院した患者さんにクリニックの悪口を言いふらされた。結構、多いですね。このような相談が・・・。

採用面接時と入職時にやってはいけない事をまとめました。逆に言うと職員トラブルがあるところは例外なくやってはいけないことをやってしまっているということですので、ご注意ください。

1.クリニックの診療方針を伝えていない。
2.契約内容をうやむやにしている。
3.仕事の指示をしない(スタッフ任せ)

入職当初は、仕事の指示はスタッフ任せにせず直接、院長が仕事の指示をすれば仕事の内容もよく把握できて対応もとりやすいと思います。

このようなトラブルがないよう雇用契約書など書面でもって雇用契約を締結することをお勧めしています。
雇用契約締結のポイントは下記のとおりです。

1.雇用期間を定める
2.雇用期間満了後の対応を明確化し記録を残す
3.業務内容を明示する
4.賞与は確約しない
5.退職手続きを明確にする
6.個別面談を定期的に持つ

スタッフの採用は入り口での管理が重要です。雇用契約を書面でもって締結するとともに、個別面談等で定期的にコミュニケーションを図っていく事で職員トラブルを予防できるケースが多いので、採用職員の入り口の管理をしっかりやっていきましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。
感謝!

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

スタッフ採用面接時に確認頂きたいポイント 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/02/12 23:44)

歯科医院の経営改善を推進していくために・・・ 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/10/19 08:32)

スタッフの業務水準を向上させる教育方法 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/05/02 17:49)

スタッフの採用面接時に「人柄」を見極めるツール 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/03/04 23:08)

スタッフ採用面接時にチェックする5つのポイント 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/03/03 22:29)