資本金とは何ですか?その1 - 会社設立全般 - 専門家プロファイル

大江ありす行政書士事務所 
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会社設立

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
森 滋昭
(公認会計士・税理士)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

資本金とは何ですか?その1

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会社設立
  3. 会社設立全般
会社設立時によくある質問

Q会社設立時に用意する資本金とは何ですか?



 「資本金」ってイマイチよくわかりませんという方は本当に多いです。当事務所に会社を設立したいとご相談にいらっしゃるお客さんの中でも三番目に多い質問です。

 資本金は、会社を設立するときに、会社の活動のために用意する元手のお金のことです。基本的に、資本金が多いほどそれだけ業務に使えるお金がたくさんある、規模の大きな会社といえます。
 通常は資本金を銀行口座に入れて管理します。ただし、設立登記完了しないと会社の銀行口座は作れませんから、会社を設立するときは個人の口座に資本金の金額を振り込み、その後、会社名義の銀行口座を作りそこで管理します。会社の活動に従って、活動費(経費)でこの資本金が使われます。会社のお金はその後の事業での収入と経費(コスト)の差で増えたり減ったりします。つまり、資本金ははじめに用意されたお金であって、その後もいつもある金という訳ではありません。資本金額を常に銀行口座にキープしておく必要もありません。
 なお、会社法の施行により、株式会社の資本金は1000万円以上でなくてはならないという規制がなくなったため、現在では資本金1円から会社を設立することができます。

その2 へ続く

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(行政書士)
大江ありす行政書士事務所 

女性行政書士が、あなた目線で起業をサポートします

開業や許可に関する悩み、不安を解決します。法律、許認可、経営について幅広い知識を持つ行政書士の強みを生かし、お客様にとってベストなプランを作成し、実行するよう心がけています。まずはお気軽にご相談ください。女性行政書士がご相談に応じます。

カテゴリ 「会社設立時によくある質問」のコラム

会社の印鑑はどうするの?(2007/08/16 00:08)