友達のような窓と暮らす、心地よさ - 建築家への相談 - 専門家プロファイル

小形 徹
小形 徹 * 小形 祐美子 +プロスペクトコッテージ 代表
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

友達のような窓と暮らす、心地よさ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 建築家への相談

 

< 友達のような窓と暮らす、心地よさ >

 

朝、始めに黄色い窓を開ける。

これがこの家に住むものの日課である。

この窓から朝の光がすーっと室内に入ってくる。新しい一日の始まり。

季節によって、天候によって、毎日違う朝の光。それに改めて気付く喜び、

そんな窓である。

 

この窓は吹き抜けの東側に設けられたはめ殺しの高窓である。

その室内側には、黄色く塗られた木製の扉がついている。直接手で開けることが

できないので、先端にフックのついた竹の棒で開ける。

ちょっとした儀式のような手順が必要だ。夜になれば、これをまた閉める。

この繰り返しを毎日行う。そんな少々手間がかかる窓。

 

暮らしとは繰り返される日々の生活のこと。

そこに毎朝新しい息吹を吹き込んでくれる窓を、私たちは設えた。

新しい朝、今日はどんな一日だろうと思う儀式。

暮らしのなかの小さなきっかけのひとつだが、そこから広がる世界は大きい。

 

そんな物語が込められた、まるで親しい友達のような窓と一緒に暮らす

というのも、<心地よさ>のひとつなのかもしれないと思っている。

 

久里浜の家 / 木造在来工法 / 2階建て久里浜の家 

設計:小形 徹 * 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

このコラムに類似したコラム

軽井沢Mさんの家 鈴木 宏幸 - 建築家(2013/09/10 18:00)

家作りを成功した人の言葉3 志田 茂 - 建築家(2013/05/10 23:00)

居室の採光を出来るだけとる! 高田 剛 - インテリアデザイナー(2011/05/05 23:00)

「駒込の家」建て主さまから寄せられた声 奥山 裕生 - 建築家(2011/03/02 21:00)

白い壁が生み出す静けさも、心地よさ 小形 徹 - 建築家(2010/12/14 20:50)