生命保険での大きな勘違い - 保険の見直し - 専門家プロファイル

永野 修
株式会社FPフェアトレード・ジャパン 代表取締役
熊本県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険での大きな勘違い

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険の見直し

保険大好き・日本人

長引く日本の不景気は私たちの家計を苦しめています。

とくに余暇を過ごしたり赤字補てんの意味合いが強かったボーナスの大幅な削減は

家計での負のサイクルの回転を大きく速くしています。

そのなかで生命保険の見直しを考えている方が増えていますが

時代が変化しているときにおいては勘違いしている方が多いように思います。

もう生命保険代に過度の支出をしている時ではないのです。

少ないお金で最大の効果をもたらすにはどう考えればいいのでしょうか。

 

保険では幸せになれない

保険は幸せな出来事が起こったときにはなにもご褒美はない。

不幸がおこったときに助けてくれるのが保険です。

不幸の種類は山ほどあります。そのすべてに保険を考えたらいくらお金があってもたりません。

あまり発生しないが発生したときお金の負担が大きいものだけに保険を使います。

その保険の加入方法に問題がある方が多いので保険で不幸を作り出しているのは

悲劇というしかありません。

 

今、大切なこと

FP(=ファイナンシャルプランナー)とはどういう仕事ですかとお客様からよく聞かれます。

わたしはお客様が幸せになる『お金のしくみ作り』と答えています。

幸せになるお金のしくみとは、家計に入ってきたお金を浪費から消費・投資に換えて

・ 『今生きるお金』=生活、

・ 『未来も生きるお金』=教育費・住宅購入・老後資金など

・ 『もしものお金』=万が一に備えるお金  

に最適に配分することです。

『もしものお金』の主役が保険ですが、生きることが大変な時代に『未来も生きるお金』より

『もしものお金』の方が多い人が多いのです。

 

ムダな保険料からローン返済・貯金・運用へ

保険の見直し相談を受けていると気がつくことがあります。

わたしは『ムダな保険料からローン返済・貯金・運用へ』お金の流れを作ることをしていますが

反対に『ローンの返済・貯金・運用するお金から保険料へ』の提案を保険担当者からされている

ことがとても多いことです。

保険を含めた金融商品を上手に選ぶコツは『人選び』です。

幸せのドリームパスポートを手に入れるためには『人選び』がとても重要です。

 

家計を苦しめる原因

右肩上がりの成長経済の日本は終わりを告げたようです。

日本がよかった時代の名残り『お世話になっているから』で生命保険を選ぶ時代も

同時に終わっているのです。

これからは『あなたを幸せにするお金のしくみ』のなかで生命保険を考えないといけないようです。

 

『あなたを幸せにするお金のしくみ』持っていますか?

 

このコラムに類似したコラム

生命保険は必要か? 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2016/02/29 22:40)

必読!離婚後の生命保険の受取人は誰?他2文 本森 幸次 - ファイナンシャルプランナー(2015/08/27 13:34)

生命保険の特色 田中 香津奈 - CFP・社会保険労務士(2014/12/11 07:00)

FPに勧められた保険は月5万円の保険料?? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2013/12/08 02:14)

生保破綻時の契約者保護はどうなっている?(Part3) 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2013/06/03 18:00)