生命保険選びが『めんどくさい』と思う方へ - 保険の見直し - 専門家プロファイル

永野 修
株式会社FPフェアトレード・ジャパン 代表取締役
熊本県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険選びが『めんどくさい』と思う方へ

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険の見直し

☆生命保険料を貯蓄へ

最近、生命保険の見直しを考えている方の問い合わせが急増している。

収入が上がらない、もしくは下がっていて支出は多くなっているというご家庭が増えています。

人生90年時代の日本人を考えた上でも、もしものリスクより生きるリスクを考える必要がある。

今、しっかりと生きることを考えることが大切です。

 

☆生命保険加入には順序がある。

お手数ですが給料明細をみてください。

年金保険料として決して安くない金額をお支払いしているのではないでしょうか。

ならせっかく支払っている国の制度である年金制度の遺族年金を利用しましょう。

 

例えばサラリーマンの旦那さまと奥様、お子様2人のご家庭を考えて見ましょう。

旦那さまが志半ばでこの世を去ってしまったとしたら国からいくら給付されるか?

お子様が18歳(高校3年)の3月まで国民年金の遺族年金から年間約124万円給付されます。

月に換算すると約10万円ですね。

同時に厚生年金の遺族厚生年金から月に約4,5万円給付されます。(支払った額と期間によって違います。)

合計すると年金制度から月に約15万円給付されます。

 

つぎに奥様とお子様が生活するのに教育費も考えていくらで生活していけますか?

仮に月に35万円としましょう。

(月の生活費)35万円ー(遺族年金)15万円=(不足分)20万円

不足分を民間の保険会社の生命保険を利用します。

 

この不足分の20万円を収入保障保険を利用することで定期保険に加入するより割安で加入できます。

収入保障保険とはもしもの時に年金のように月に20万円という形で支給されます。

 

生命保険はまず国の保障である遺族年金や健康保険制度を考え、もし企業の福利厚生制度や

死亡退職金があれば加味し、それでも不足するならその分の金額を民間の生命保険の

収入保障保険を利用すれば合理的に生命保険に加入することができます。

 

すべての人に当てはまるわけではありませんので詳細はお問い合わせ下さい。

人生90年時代、年金不安など生きるリスクがますます増加する中、保険料に過大な

支出をしていると老後資金に多大な影響を与える可能性があります。

 

保険も金融商品です。

合理的にシンプルに選んでみてはいかがですか。

このコラムに類似したコラム

はじめまして、石川です 石川 智 - ファイナンシャル・プランナー(2011/11/30 12:43)

賢い生命保険の見直し方(その2) 清水 光彦 - ファイナンシャルプランナー(2011/10/10 17:14)

保険選びにお悩みの方へ 永野 修 - ファイナンシャルプランナー(2011/01/13 08:10)

生命保障を考える際の手順 栗本 大介 - ファイナンシャルプランナー(2015/06/16 12:21)

いちばん得をする保険の知識セミナー (大阪・梅田) お知らせ 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/05/29 09:40)