ビジネスコンテストにおけるプレゼンテーション - プレゼンテーションスキル研修 - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル研修

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ビジネスコンテストにおけるプレゼンテーション

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ビジネススキル研修
  3. プレゼンテーションスキル研修
人材育成

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日はビジネスコンテストについてのお話です。

最近は様々なところでビジネスコンテストが開かれています。

創業者向け、学生向け、中小企業の新規事業向けなど、対象も様々です。

私も仕事柄、書類審査、事業計画書レビュー、プレゼンテーションレビュー・審査など、ビジネスコンテストをサポートする案件に数多く携わっております。

特に、最終プレゼンテーションに残った方々に対するサポートは、こちらとしても一層力が入ります。やはり皆様に有終の美を飾っていただきたいですからね。

一方で、プレゼンテーションを拝見していて、多くの方々で見られる傾向があります。

それは、プレゼンテーションが会社説明になってしまっていることです。

淡々と会社や商品、サービスなどの説明をしているのですが、非常にもったいないと感じます。

ビジネスコンテストの場合には、いかに自社の商品やサービスが優れているのか、いかに儲かるのか、いかに成長するのかといったようなことを、理解してもらう必要があります。

プレゼンテーション後の質疑応答などで、その手の話が山ほど出てくることが多いので、もっとシンプルに伝えた方が良いのです。

ビジネスコンテストの目的を理解し、聞き手を強烈にイメージしてみることで、伝えるべきストーリーが見えてくるはずです。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「人材育成」のコラム

文書作成力(2016/12/01 10:12)

常に時間の余裕を持つこと(2016/11/08 10:11)

悩めるCIO(2016/10/26 10:10)

人が育つための環境(2016/10/19 10:10)

プロフェショナルの言葉(2016/10/15 13:10)

このコラムに類似したコラム

ビジネスプレゼンテーションのまとめ 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2010/12/22 09:33)

ビジネスプレゼンテーション実施時の注意点 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2010/12/20 08:31)

プレゼンテーション本番に向けた準備段階での注意点 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2010/12/17 10:18)

質疑応答の重要性 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2010/11/15 09:00)

ビジネスプレゼンテーションの最終準備段階での注意点 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2010/08/20 10:16)