会社の減価償却費 - 会社設立全般 - 専門家プロファイル

中島 成和
中島事務所 
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会社設立

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
森 滋昭
(公認会計士・税理士)

閲覧数順 2017年01月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

会社の減価償却費

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会社設立
  3. 会社設立全般
税金
いつも、ありがとうございます

昨日は、ゆかた姿の人が多かったですね

花火を見に行くのでしょうか

お元気ですか?


今回は、会社の減価償却費です

個人と、会社では取扱が違います

個人の場合は、償却率で計算した金額が、

そのまま減価償却費として経費になります


会社の場合は、決算書の減価償却費を

いくらにするかは、会社の自由です

たくさん償却した方が、利益は少なくなります

税金が安くなるかというと

そうでもありません


償却率で計算した償却限度額を超える金額は

利益にプラスして、所得を計算します


プラスされた金額は、来期以降、

決算書の減価償却費が償却限度額より

少ない事業年度に、不足額を限度として

利益からマイナスされます


ですから

償却限度額と同じ額を減価償却費としても

それ以上を減価償却費としても

税金は変わりません


逆に、償却限度額より少ない場合は

会社の利益は増えますが

不足額は、利益から引いてもらえません

この場合は、税金は増えることになりますが、

不足額の分だけ、帳簿の金額はたくさん

残りますので、いずれ落とすことになります

耐用年数より償却が遅くなります


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

年金の支給漏れの時効が5年でしたが

この時効がなくなり、さかのぼって

もらえることになりました

詳しくは、こちらの法令新着ニュースを

ご覧下さい

http://www.nakajimajimusyo.jp/