転職でよくある5つの質問 2 - 転職活動サポート - 専門家プロファイル

新垣 覚
全力転職フォーラム 代表
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

転職でよくある5つの質問 2

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職活動サポート

 

いつもありがとうございます。
全力転職フォーラム
代表 転職★カチニスト 新垣覚です。

 

人間関係に疲れて会社を辞める時も
仕事内容に不服があり転職する時も


30代の転職に共通する5つの質問があります。




1 転職活動は年齢上、厳しいのか?


2 今までの経験業種・職種で転職するのか?


3 雇用形態は?


4 年収アップは必須条件か?



5 実際どの様に転職活動をすればよいのか?



前回は1~2採り上げました。
今回は3~5です。



まず “雇用形態はどのように考えればいいか?”です。
これは、できるだけ正社員が良いということは間違いないです。


しかし、現在の求人状況を見ていると、
契約社員、派遣社員、アルバイトという正社員以外での
募集が多いのが現実です。


そんな中で正社員という条件に固執しすぎると、
時には予想を上回る時間が経過してしまうことも
考えられます。

将来的に正社員に上がれるチャンスがあるのか?
という条件も含めて転職活動する必要があります。


具体的には、正社員募集だけを探すのではなく、
アルバイト、契約社員などの募集にも必ず目を通す。
チェックしましょう。



次に年収アップは必須条件か?です。
これまで受けた相談の中ではこの年収アップは必須条件
と考えている人は半分くらいの割合でした。

出来ればアップ・・・と考えている人はほぼ全員でしたが
わたしのクライアント様はやりがいを重視している方
が意外にも多かったです。
ただ、年収ダウンはある程度の覚悟は必要です。

生活レベルや生活習慣を変えるのは難しいからです。
年収アップは必須かということは各個人でかなり
差があります。



最後に 実際にどのように転職活動をすれば
よいか?
です。


これはとにかく数をこなすことが大事だと思います。
数といっても抽象的ですね。

○ たくさんの転職サイトをみる
○ たくさんのエントリーシートを書く
○ たくさんの求人ページをみる
○ たくさんの履歴書を書く
○ たくさんの職務経歴書を書く
○ たくさんのハローワークの募集を見る・・・


とにかく、1度で決める、決まるとは考えずに
活動をする、とにかく数をこなす。
それが一番だと思います。


在職中の転職活動も離職してからの転職活動も
辛い日々です。
とにかく早く終わらせたい・・・そんな気持ちになります。

そんな時、知らず知らずのうちにとんでもない妥協
をしていたり、とんでもない選択をしてしまうことが
あります。

一球入魂は必要ですが、まずは数をこなすという
考えで動いてみて下さい。


1~5いずれにしても自分独りではなかなか
現在地すらわからないことも多いでしょう。

 

ぜひ、ご相談下さい。

MAIL:  mail☆zen-ryoku.com

(☆を@に変えて下さい)

 



『あなたの笑顔が絶えませんように!』
全力転職フォーラム
代表 転職★カチニスト 新垣覚

このコラムに類似したコラム

応募書類の訂正は誰が行うべきか? 西田 正晴 - 転職コンサルタント(2013/07/18 08:58)

職務経歴書にバイト歴 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/07/11 19:00)

看護師の応募書類の書き方 藤原 純衛 - 転職コンサルタント(2012/09/06 08:00)

応募書類は広告 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2012/08/31 19:00)

転職の手帖2:転職活動は仕事の棚卸から 市村 光之 - キャリアカウンセラー(2012/05/29 15:16)