財産分与の基準 - 夫婦で共働きの場合 - 年金分割・財産分与 - 専門家プロファイル

山本 真吾
山本行政書士事務所 
神奈川県
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:離婚問題

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

財産分与の基準 - 夫婦で共働きの場合

- good

財産分与

 ご夫婦で共働きの場合でも、離婚時の財産分与では、妻は夫に対して、原則として2分の1を請求できます。

 家庭裁判所の調停でも、夫婦平等の見地からみて、この基準が定着しています。
 一般に、夫は正社員で、妻はパートだというご家庭の場合、夫の給料の方が高いのは当たり前ですが、妻がパートでしか働けないのは、家事・育児をしなければならないからであって、また女性の平均賃金の低さからみても、「妻の方が夫より収入が少なく、夫婦の財産形成に貢献していない」という認定はされません。

 よって、財産分与として2分の1か、ケースによっては2分の1以上を妻がもらえることもあるといえます。

このコラムに類似したコラム

財産分与を決めるための手続は? 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/18 10:27)

離婚慰謝料の相場、加筆 村田 英幸 - 弁護士(2013/03/24 12:46)

婚姻費用の分担のレベル 村田 英幸 - 弁護士(2013/03/23 19:36)

「Q&A家事事件手続法と弁護士実務」、その1 村田 英幸 - 弁護士(2013/03/13 14:12)