Webサイトの請負内容って? 色々なケースがあるんです。 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

武本 之近
株式会社グルコム 代表取締役
東京都
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Webサイトの請負内容って? 色々なケースがあるんです。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
ホームページ制作(Webサイト制作) 企業サイト制作(ホームページ)

まず、直クライアント取引。そして、代理店・企画会社など、クライアントから1社挟んだ形での取引。そして、同業者との共同取引。

 

直クライアント取引は、制作会社、皆さんが一番理想として、取りたいところ。

こちらの言いたいこともダイレクトに伝わるし、逆にクライアントからの意見、要望などもダイレクトに伝わる。

やりがいありますよね!

 

ただ、この関係は、本当に信用第一だと思います。

クライアントからしてみれば、制作会社ってたくさんいますし、制作会社にとっても、直クライアント取引はしたいワケですから、競争率は激しい。

 

 

次に、代理店・企画会社などの取引。

これは制作会社にとっては、仕事を供給してくれる大事な生命線だったりします。

制作会社、営業弱いですから(笑)

なので、取引先を多数もっている代理店・企画会社とのお付き合いって、非常に大事。

ただ、その分、制作マージンは引かれますし、スケジュールも短いときもある。

その代わり、自分たちにかわって、クライアントとのやりとりをやってもらい、時には無理難題などの処理もしてくれる。

 

 

そして、同業者との共同取引。

これは、一クライアントに対して、技術系は○○会社で、デザイン系は○○会社。といった様な、会社間でチームを組んで、制作に取り組む形。

 

ボクも、この業界で仕事して思ったのが、

制作って結構なインナーな仕事なんですが、以外と横のつながりが強い(ウチだけかな?)

なので、知り合いの制作会社さんやデザイナーさん、プログラマーさんなどから声がかかり、「ちょっとヘルプ入ってくれない?」的な要望で、案件を頂いたりする。

 

 

制作の請負って色々なパターンがあるんですが、やっぱり直クライアント取引が一番やりがいありますよね。責任感もありますし。

 

ちなみに、ウチは1年前までは、直クライアント3割、代理店・企画会社などの取引6割、「ちょっとヘルプ入ってくれない?」1割でした。

 

 

現在は、直クライアント7割、代理店・企画会社&「ちょっとヘルプ入ってくれない?」3割ぐらいかな。。

 

 

ウチの会社、

バンバン数をこなしていくって会社でもないので、じっくりやっていきたいと思います。

 

企業ホームページ制作(企業サイト制作)のグルコム
Web制作の新規・リニューアル、日々をつぶやいてます

 

 

 

このコラムに類似したコラム

グルコムの打ち合わせ 武本 之近 - Webプロデューサー(2011/01/31 11:16)

新年あけまして・・・【制作スケジュールの短縮の仕方】 武本 之近 - Webプロデューサー(2011/01/04 10:44)

さぁ!自社ホームページの打ち合わせ、何を準備すれば・・・? 武本 之近 - Webプロデューサー(2010/11/20 07:00)

企画書でイメージをわかせる。 武本 之近 - Webプロデューサー(2010/10/09 09:00)

ホームページ作成サービス 「リノベーション」誕生秘話 千葉 英男 - Webプロデューサー(2012/11/05 09:40)