自社ホームページでユーザーを増やすには?キープするには? - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

武本 之近
株式会社グルコム 代表取締役
東京都
Webプロデューサー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自社ホームページでユーザーを増やすには?キープするには?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
ホームページ制作(Webサイト制作) 企業サイト制作(ホームページ)

購読性が大事って話です。

 

一部では、雑誌、新聞の時代は終わった、これからはWebだ。なんて話も聞きますが、なんといってもWebに比べて非常に歴史ある媒体。ノウハウも詰まっています。

 

皆さんは、継続して読んでる雑誌、新聞、まんがなんてあります?

マガジン、東スポ、ニューズウィーク、日経新聞、、、まぁ色々ありますけど、継続して読む理由ってありますよね。

 

やはり、情報が時事であったり、ストーリーとして続いていたり。と。

 

朝の通勤で、キオスクや、駅、電車内の中吊りなんてみて、最新号、情報が出てるなぁと認識しますよね。どこかのタイミングで買おうと。

継続して購入しているのであれば、すでに予定に入っていますよね。立ち読みなんかで済ませるケースもあるかもしれませんが。。

 

 

これって、Webサイトもまったく同じだと思いません?

だからこそ、トップページには【ニュース情報】【お知らせ】みたいなコンテンツが用意され、最新情報をリリースしていくわけです。

 

ただ、これだけでは、ユーザーは納得しません。

前述の話でいけば、朝の通勤で、最新号、情報が出てるなぁと認識した状態。まだアクションは起こしていませんね。

 

ただ、更新や、コンテンツを用意してもダメなんですよね。

ユーザーが待ちわびてくれる様なコンテンツを用意してあげないと。そのコンテンツに誘導してあげるための【ニュース情報】【お知らせ】。

 

 

Webサイトを制作するのであれば、この2つの取り決めは大事。ワンセットですね。

もちろん、このコンテンツ内容は、お客様の見せ場。ウチで言うと、方向性を出して、この方向性で行きましょう!だから書いてね♪○○な感じで! といきます。

 

お客様、大抵おおきく構えてしまって難色を示すんですが(笑)以外と今ある情報で使えるパターンが多い。自分たちは気づいてないんですね。その当たり前だと思っている情報が、ユーザーにとっては、待ちわびてくれる様なコンテンツだと。

 

なので、ボクは「それ使えまっせ」と「当分は○○な内容で月1回は掲載していきましょう」なんて概要と方向性をお伝えします。

あとはお客様の仕事。

 

 

出版社の気持ちになって、いきましょう!

作家と編集者の関係かな(笑)

 

企業ホームページ制作(企業サイト制作)のグルコム
Web制作の新規・リニューアル、日々をつぶやいてます

 

 

このコラムに類似したコラム

弊社でホームページ制作した【CMS構築に関するお客様の声】 三井 博康 - Webプロデューサー(2013/12/10 14:00)

CMSでらくらくホームページ作成 三井 博康 - Webプロデューサー(2013/12/05 16:04)

ホームページのスライドショー作成方法 井上 みやび子 - Webエンジニア(2013/03/26 08:00)

ホームページ作成のための参考書 井上 みやび子 - Webエンジニア(2013/03/04 09:00)