仮設住宅 - コラム - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

仮設住宅

- good

阪神大震災では、多くの仮設住宅の建設に参加しました。
一時凌ぎでテント生活は遅れても、テントだけで何年も暮らせません。本格的な自宅再建の前にどうしても、仮設住宅が必要になります。
場所的な確保(大都市の震災は区画整理から始まる場合があり、元の土地に建てられるとは限りませんでした)や資金の確保、それら建築できる条件を整える為に数年を要する事があります。

仮設的な住居ですから、お金は掛けられません。1DKタイプの住居で250万〜300万円が限度かと思います。5年を目途に再建計画を立てるとすると月々4〜5万円の償却です。

最も簡単な仮設住宅はコンテナハウスの改造です。その他プレファブ住宅、トレーラーハウスも予算の範疇です。

お金を掛けずに、如何に快適に過ごせるか。これが私の住まい造りの原点になっています。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。