建物の補修 - コラム - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

建物の補修

- good

地震の発生した地域は資材が高騰します。職人さんも不足します。工務店でも業者さんの奪い合いが始まります。

阪神大震災の時は、俄かリフォーム屋さんが徘徊し法外な値段をふっかけて、補修らしい補修もせずお金だけ頂いて姿をくらます、と云った詐欺行為+が横行しました。

被害の少ない家は、応急処置だけを済ませてしばらく時期をおいた方が、安価に補修できます。

最も予想されるのが、雨漏れです。屋根全体をブルーシートで覆えば、しばらくは雨漏れをしのげます。
補修ですが、出来れば耐震改修を兼ねて軽い屋根で葺かれる事をお勧めします。瓦から金属屋根に替えるだけで建物の耐力は上がります。

一度地震が来たから、しばらくは来ないと思うのは間違いで地震の活動期に入ったと考える方が無難です。表面(雨漏れやヒビ割れ等)を隠すだけではなく、耐震改修も視野に入れましょう。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。