映画よりテレビ その1:ストリー - 英会話レッスン - 専門家プロファイル

YRC-Casey
Y.R.C. 英会話スクール 教育企画部 マネージャ
神奈川県
英語講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英会話

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

映画よりテレビ その1:ストリー

- good

  1. スキル・資格
  2. 英会話
  3. 英会話レッスン

映画とテレビ、どちらの方の観賞が英語の勉強になるでしょう?大ざっぱでいうと、どちらにしてもいいです。とりあえず英語を聴く時間を増やせば遅かれ早かれ新しい単語が出て自然な表現が覚えやすくなる。

 

しかし効率的にどっちの方が上でしょうか?まずは映画の方から。

 

映画なりのいい点はもちろんあります。例えば映画館で見れば途中で電話が来ないし邪魔がなくてじっと集中することもありますね。しかしこの前外国映画人気ランキングを見てみると、次ぎの映画が出ました。

 

ハリー・ポッターと謎のプリンス   (魔法使い・ファンタジー)

G.I.ジョー                           (スパイ・アクション)

トランスフォーマー/リベンジ      (ロボット・アクション)

スター・トレック                      (SF)

ベンジャミン・バトン                 (人間ドラマ)

 

ちなみこのリストの唯一の人間ドラマの主人公が産まれたときは老人、だんだん若くなっていきます...間違えなくてエンターテインメントになるけど、どれにしてもあまりにありえないストリーなので、あまり実際の会話の参考にはなれない。

 

変わりに当時テレビの方なら:

 

プリズン・ブレイク                    (警察・アクション・ドラマ)

24                                     (テロ・アクション・ドラマ)

BONES                               (医療・ドラマ)

フレンズ                                (コメディー・恋愛)

デスパレートな妻たち                 (恋愛ドラマ)

 

こちらの方は現実の世界の舞台が多いでしょう。例えば「フレンズ」なら友情や恋愛の話で日常に使える表現が出ます。「BONES」なら医療の言葉が耳に入って病院に行くことになったら使えます。たとえ「24」のテロの話にしても政治について表現なども出て政治話の参考になります。

 

とりあえず現実に近い話は多いのはテレビの有利の一つ目のポイント。

このコラムに類似したコラム

【体験談】英語コーチングの体験談をいただきました。 奥村 美里 - 英語講師(2011/10/09 07:00)

「肌が白いね」って褒め言葉じゃないの?! 奥村 美里 - 英語講師(2011/07/26 07:00)

外国人向け正しい日本観光案内とは? 奥村 美里 - 英語講師(2011/07/19 06:00)

英語上達セミナー Vol.06 奥村 美里 - 英語講師(2011/07/14 10:00)