英語の発音レッスンなんて自分にはレベルが高すぎるのでは? - マンツーマン英会話 - 専門家プロファイル

大渕 ゆかり
英語ヘルプデスク
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

英語の発音レッスンなんて自分にはレベルが高すぎるのでは?

- good

  1. スキル・資格
  2. 英会話
  3. マンツーマン英会話

こんにちは

大渕ゆかりです。


寒くなりましたね。


今日はよくいただく質問についてお答えします。


「中学校の英語からやり直さないといけないレベルだから

発音を直すどころではないのですが?」


大丈夫です。そこがマンツーマンレッスンの強み。

その方のレベルに合わせたレッスンをしています。


発音の矯正と同時進行で初歩の会話からのレッスンもします。

そして、その中で文法の説明もします。

例えば、

 1)  Miserabale weather, isn't it?

2)   Looks as if it might snow, doesn't it?

 付加疑問文ですね。

文例1ではisn't it? なのに、文例2ではdoesn't it? なのはなぜでしょう?

 1の文は It is a miserable weather today, isn't it の省略形で

動詞はis・・be動詞です。なので、isを使います。

 2の文では動詞がlook・・一般動詞なので助動詞のdoesを使うのです。

 こんな中学校1年生レベルの文法への疑問にも答えながらレッスンをしています。


文法的に納得しながら、会話の決まり文句を憶え、その中で発音も直していくことを

繰り返すことで、英語を話すのに必要な筋トレをすることになります。

 英語のリズム感を体で覚える為に歌も活用します。

そして、一旦英語の音を記憶し、発音筋がついてくれば、鬼に金棒。


加速度的に話せるようになり、音を記憶することで、今まで聞こえなかった

ネイティブが話す英語も聞こえるようになってくるのです。


新しい年がもうすぐやって来ます。

自分への投資を始めませんか?


プレ・コンサルティング、Skypeレッスン共に、

まだお引き受けする枠があります。

 プレ・コンサルティングでお会いできるのを楽しみにしています。


今年のコラムはこれで最後です。 

2014年も解りやすいコラムをお届けしますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

コラムへのコメント、お問い合わせも大歓迎です。


私はお正月はインターネットからunpluggedして、

溜まっている読みたい本を読書三昧したいと思います。

みなさま、よいお年をお迎えください。




 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

クライアント様カルテのご紹介 ~Session in June~ 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/06/24 12:26)

【Q&Aシリーズ 第7回】 英語発音 ザ ジングルズ 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/06/19 15:41)

最も効果的なリスニングの向上法とは? 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/05/14 17:34)

〜クライアント様のカルテ〜 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/05/13 11:14)

“First Pronunciation, then listening” リスニング向上には、まずは、発音から! 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/05/07 18:15)