遺言を書く時に知っていただきたいこと(1) - 遺言 - 専門家プロファイル

飯塚 重紀
代表
東京都
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

遺言を書く時に知っていただきたいこと(1)

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺言

先日近所の方が「飛び込み」で事務所にいらっしゃいました。
お話をお伺いしたところ、
「遺言を書こうと思い市販されている遺言キットを購入してみたが、
難しいのでどうしたらいいか」ということでした。

 

遺言を書く前にどんな内容の遺言を書くのかお尋ねすると、
ご自宅の建物(土地は借地権)を
「親等(親族関係の遠近度)」の離れた親族で
共有にするというものが含まれていました。

 

私は「なぜ共有にしたいのか」をお聞きし、
不動産、特に現に居住しているものを
共有することのリスクをお話ししました。
リスクのことについてはご理解いただけたようですが、
ご本人にはいろいろとお考えになった上での思いがあったようでした。

 

その後はお話を進める中で新たにわかったことが出てきたり
本題である遺言の種類や書き方についてお話をさせていただきました。

 

私はこのやりとりの中で少しでもお役に立てていたらと思っていましたが、
「いやあ、遺言を書くのは難しい!」と一言残してお帰りになられました…。

 

相談された方の不安をうまく解消できなかったのではと思い
とても残念に思いました。
お名前も連絡先も聞かなかったのでフォローをすることも叶いません。
もしもう一度お見えになったらその方に伝えたいことがあります。

 

それは、遺言を書くことは決して難しくない、ということです。

 

(つづく)

このコラムに類似したコラム

遺産相続で最初に確認すべきポイントは 大黒たかのり - 税理士(2016/08/22 08:18)

民法、相続ルールの大規模改正へ(4) 高原 誠 - 税理士(2016/02/22 19:23)

遺言は書いてもらった者勝ち 高島 秀行 - 弁護士(2015/10/14 10:18)

子供のいない人は遺言を書いてください 高島 秀行 - 弁護士(2015/09/29 10:09)

遺言書にも見直しが必要 高橋 昌也 - 税理士(2015/10/05 07:00)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!