春眠暁を覚えず - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

鍼 覚王院 シャローム治療室 院長
神奈川県
鍼灸師
045-561-2856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
春先からこの頃の季節にかけては、乗り物の中でも、公共施設のベンチなどでも、よく居眠りしている人達を多く見かけます。

これは日本人に見られる特徴的な光景ですが、季節の変わり目に体が冬型から夏型に移行するために、眠りを要求するものです。

この時期に質のよい睡眠が取れないでいると、この梅雨時に体の不調を訴えたり、夏バテの原因になります。

勿論、一年を通じて、規則正しいリズミカルな生活が、健康に最良なことは言うまでもありません。
特に女性は季節の変わり目が大事です。春先は2月から体の変化が始まり、秋口は8月のお盆過ぎから体の変化が始まります。

肉体的疲労回復だけなら、体を横にしていれば、かなり回復するものですが、脳は睡眠によって回復します。ホルモンの調整は脳からの指令によりますから、特に季節の変わり目に、よい睡眠が取れているか否かということが、女性の不定愁訴に大きく関係してきます。

中国4000年の歴史に育まれてきた鍼灸医学は、ツボの組合せにより脳に刺激が伝達されて、体に備わっている自然治癒力を促します。

鍼灸治療は、痛みや愁訴を個別に追いかける現代医学の病名治療とは異なり、体の環境を整えることにより痛みや愁訴を解決する自然の理に適った治療法と言えます。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 鍼灸師)
鍼 覚王院 シャローム治療室 院長

あきらめないで!その痛み。鍼灸(温灸)治療で慢性症状も改善へ

「鍼 覚王院 シャローム治療室」三代目院長です。この39年間に豊富な臨床経験と実績を積み重ね、赤ちゃんからお年寄りまで25万人以上の患者さんを鍼灸(温灸)治療してきました。急性・慢性疾患・体質改善・不妊など、多くのお悩みを解決いたします。

045-561-2856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。