軽井沢の別荘 - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

津田 朋延
株式会社sunia 一級建築士事務所 一級建築士/京都精華大学建築学科・講師
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

昨年の初めに始まった、軽井沢の別荘のプロジェクトが、
GW前に完成いたしました。

敷地の調査から始まり、設計に約半年、施工に約7ヶ月を
要した計画でしたが、このGW前に無事に建築主に引渡す
ことができ、とても充実した連休をここで過ごされたとのこと。

建築は南斜面の頂部に建てられています。
敷地の大きさは約600坪ですが、裏には谷が
あり、十分な借景を楽しめます。

屋根は5つに分断されており、建築の大きさを
自然のスケールになじませるように、様々な
勾配を組み合わせて構成されています。
 
リビングルームと、寝室・ロフトにつながる階段。
階段横には 薪ストーブと書棚が配置されています。
 
ダイニングルーム。
ここから北側にデッキテラスが張り出していて、
浅間山を望むことができます。

リビングとキッチン、上部にロフトがあります。
キッチンの奥には6畳の和室があります。
 
南側のデッキテラス。
3mの奥行きをベンチ型の手摺で取り囲んでいます。

この建築のひとつの特徴は、普段は家族が自然と一体に
なって過ごすための最適なスケールでありながら、
ときには たくさんの人たちを招くことができる解放的で
連続的な空間のつなぎかたにあります。

寝室はひとつしかなく、どちらかというと屋根裏的な
空間で、キングサイズのベッド+αという大きさしか
ありません。
この寝室の大きさも、開放的な空間の中で、寝るとき
だけは「ひっそりと籠もる」ために必要なスケールです。

ちなみに、寝室からも浅間山の眺望が望めます。
特に日暮れ時の山の稜線が格別であるとのこと。

suniaにとって、新しいタイプの建築でしたが、
建築主にほんとうにご満足いただけたようで、
遠い道のりを何度も通った苦労が実った成功作だと
自信をもつことができました。

これからも、周囲の木々に負けないように、
どんどん成長していくことを心より祈っています。

オーナーご家族、ほんとうにありがとうございました。

そして施工に携わっていただいたすべての方々、
心の底から感謝しております。

このコラムに類似したコラム

婦人画報 「女性好みの別荘」 津田 朋延 - 建築家(2010/07/02 22:53)

Tono Mirai architects/ 遠野未来建築事務所 基本方針 遠野 未来 - 建築家(2011/12/04 16:01)

分身・・。 杉浦 繁 - 建築家(2011/03/23 20:28)

お悔やみ申し上げます 八納 啓造 - 建築家(2011/03/14 09:46)

小さなテラスハウス 写真撮影 小木野 貴光 - 建築家(2016/09/02 04:00)