2歳から英語を学ぶ・・・その理由? - 幼児・子供英語 - 専門家プロファイル

山口 真名美
ファーストステップスインターナショナルスクール 代表
英語講師
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

2歳から英語を学ぶ・・・その理由?

- good

  1. 育児・教育
  2. 子供のお稽古
  3. 幼児・子供英語
子どもの英語教育 2歳からの英語

先日突然スタッフの1人から

「真名美さん、2歳から英語を学ぶ意味ってなんですか?」と聞かれました。

え~、ちょっと今頃??その質問ですか?

もうファーストステップスで働いて何年よ???っと思ったのですが、まぁ疑問に思った事を

「良し」としよう。最近は疑問を持つということをしない人が多すぎです。

疑問を持つという事は自分を成長させる為に大事な事なのに・・

と言うわけで、お答えしました。

 2歳が良いと言うわけではありません。もしかしたらもっと早い方が良いかもしれませんが、

一応ファーストステップスでは2歳からクラスを設けてあるので、質問は2歳からとなりましたが・・・

 まず、英語ではなくて母国語(ここでは日本語ですが)の習得状況を見てみれば

一目了然ですね・・・子どもは1歳くらいから言葉を発し始め2歳3歳と

驚異的な言語発達が見られます。この様な短期間に人の能力が発達することは

言語以外にあるかしら?と思われるほどの成長です。

この時期の子どもたちの能力を最大限に利用して、母国語以外の言語を

母国語と同様のプロセスで学べるのではないか・・・・・それが幼児期の英語教育の原点です。

 そう、学べてしまうのですね~子どもたちは・・・それはそれは驚異的な能力ですね!

子どもたちの脳の中を覗いてみたくなるほどです。

 ただし、この初期の時期にスクールでは1つだけ注意をすることがあります。

それは、日本語を話す人と英語を話す人をきちんと分けるという事です。

一人の人が英語で話しかけたり日本語で話しかけたりせずに、人を見て

「あ、この人とは英語」、「この人とは日本語」という区別を無意識のうちに出来るように指導します。

そうすることにより、言語の混乱を最小限に抑えます。そして、子どもたちの頭の中に

日本語脳と英語脳が出来るのを待つのです。

ですから、2歳と区切らず環境が許せば0歳から英語に慣れておくことは重要ですね。

そして、日本語の脳が出来上がってしまってから、英語を習得しようとした場合この方法は

残念ながら合理的ではありません。特に日本に居る場合は・・・(海外へ出た場合はまた環境が違うので・・)

不可能ではないでしょうが、2,3歳児が学ぶ時間の倍以上かかるかもしれません。

ですから、この場合は学習という方法の方が合理的だと思います。

つまり、英語は 「言語として習得する」 のか 「語学として学習する」 二者択一という事でしょうか。

このコラムに類似したコラム

先取り学習より教育の多次元化へ(5) 杉田 昌穂 - 塾講師(2012/02/11 18:28)

先取り学習より教育の多次元化へ(4) 杉田 昌穂 - 塾講師(2011/12/09 23:02)

先取り学習より教育の多次元化へ(3) 杉田 昌穂 - 塾講師(2011/11/07 14:03)

クラス(授業)についていけるか心配です。 八島 文子 - 英語講師(2011/04/13 22:16)