自分が二股やW不倫をしていてこじれた場合は・・・ - 浮気問題・不倫トラブル - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
松山真己
(臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自分が二股やW不倫をしていてこじれた場合は・・・

- good

ダブル不倫や、自分が既婚者だけれど、シングルの相手とも交際しているなど、三角関係において、自分が二股(以上)をかけている側になっている場合、(たとえ相手も二股をかけている人だったとしても)、やはり、自分の責任で 行動しないことには、問題は解決しません。

私はこのケースに関しては、比較的厳しい考えを持っています。

自分をゆるして、自分を大切にすることが人生を拓くというのが、私のセラピストとしての基本理念ではありますが、二股をかけている人の場合、きちん と責任のある態度で、その関係を整理する必要があるというのが、私の考え方です。

それが結局、自分を大切にすることだと思います。

よくある相談事例で、ダブル不倫中の、彼氏との関係がこじれているというケースがあります。本人は旦那さんとの関係改善はもうあきらめていて、彼氏に救い を求めている。でも、その彼氏が浮気をし始めた、というような話です。

私はこういった場合でも、相談者の方を責めたりする気は、まったくないのですが、

しかし、心理学の原則から言って、元の旦那さんとの間でちゃんと解決できていない問題が、形を変えて彼との間に現れているに過ぎませんから、今闘っ ている問題は、幻影・分身なんですね。本当の問題は、旦那さんとの間に横たわっている。

こういうケースでは、本人は意識的には彼との関係をどうにかしようともがくわけですが、どんなにそれをやっても、残念ながら問題の本体は、旦那さん との関係をきちんと保つことが出来ていない、心のクセにあるわけです。あるいは、そういった問題を解決せずに放置しておく心の弱さ、と言い換えてもいいで しょう。

図解すると、こういう感じです。
もともと、自分と夫の関係が悪化しても、どうにもならないとあきらめています。
また、彼にも奥さんがいたりするのですが、それもあきらめて受け入れています。
(このあたりで既に、問題アリの姿勢なのです。そこに気づく必要があります。)

さらに詳しくは、こちらの記事をお読み下さい。

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

夫の望むことをするな、夫のためになることをせよ 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/02/12 21:00)

浮気の清算は、借金の清算に似ている 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/02/10 14:00)

夫の不倫で心理カウンセラーに相談 田中 圭吾 - 行政書士(2015/03/02 11:31)

何故?浮気をしてしまうのか?愛情は変わるのか? 坂井 利行 - 探偵(2013/05/16 09:00)

出来事に、堂々と対応できる自分になろう 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/09/28 14:00)