目隠しスクリーンができてきました - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

有限会社ノアノア空間工房 代表取締役
東京都
建築家
03-6434-7401
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

目隠しスクリーンができてきました

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
女性建築家 現場の風景 M/HOUSE
「M/HOUSE」の目隠しスクリーンができてきました。
以前にもお伝えしたレンガの透かし積みと車庫のスタッキングドアです。
このスタッキングドア、選ぶ際、相当悩み、検討した代物です。


写真を見る限り、そんなに苦労しているとは思わないでしょう。
そう、私たちの世界では
すっきり納まっているということは苦労しているということです。

ドイツ製で納品に3ヶ月かかること(日本製でこのパネルは製作していない)
機能部が複雑であること、
取り付けに多くの制約があること、
パネルには穴をあけられないこと
戸建て住宅での使用にあまり例がないこと、
高価なこと、等など、

私たち設計する立場からすれば
使いたくない3か条に完全マッチしているんですが、
それ以上に魅力があるので今回採用したわけです。

シャッターで使用する材料が門扉とサイドパネルに利用する
ことができること。(どうしても統一感を出したかった。)
上部収納時、とてもシンプルで美しいこと。
シャッターが下りたときのシャープ感と美しさ。
光を通し、強度が高いということ。
防犯性にすぐれていること。

取り付けられるまで、
ずっと気になって気になって仕方がなかった。
今日は、スタッキングドアが綺麗に納まっているのを見て
ほっとしました。
レンガの透かし積みはそれだけでも軽さが表現されていますが、
そこに瑞々しさが加わりました。

noanoa
yasuko ohtsuka
http://www.noanoa.cc

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
有限会社ノアノア空間工房 代表取締役

雰囲気、空気感―目に見えないものを、建築という“形”に

毎日何かを感じたり、気づいたり、安らいだり――あなたが自然体でいられる空間を作ることが私の仕事です。素敵な詩や写真、絵に出会ったときのような、わくわくする世界が感じられる建築を作っていきたい。それが私の目指す「建築」です。

03-6434-7401
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「女性建築家 現場の風景」のコラム

ピンク色の壁(2010/03/12 12:03)

1本の樹を選びに畑へ(2010/03/05 12:03)