置き型キッチン - 住宅設備全般 - 専門家プロファイル

近藤 壯一郎
台所計画工房 キッチンスペシャリスト
神奈川県
リフォームコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設備

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

置き型キッチン

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設備
  3. 住宅設備全般
たかがキッチン、されどキッチン キッチンはオーダーメイドが当たり前
モダンキッチンは、システマティックに建物に組み付けられた造り付けの家具のようなものとして発達してきました。



それで、ビルトインキッチン(Built-in Kitchen)とかフィッティッドキッチン(Fitted Kitchen)とかの呼び方をされています。



ちなみに日本では、そういう発想ではなく、個々のユニットを一枚のワークトップでつなぐという今までにないスタイルだけを取り入れた「システムキッチン」(日本で作られた造語で英語ではありません)という商品が作られ、今ではそれが主流となっていますね。






ところが最近、欧米キッチン先進国では従来の作り付けタイプのキッチンではなく、置き家具のような置き型キッチン(Unfitted Kitchen)というものが紹介され始めてきました。



例えば、シンクがセットされたワークスペース付のクリーンアップセンター(間口1200〜1800程度)、調理機器がセットされたクッキングセンター(間口900〜1200程度)、冷蔵庫が組み込まれたストレージセンター(間口900〜1500程度)などそれぞれが独立していて使い勝手によって自由に並べて設置することができるというものです。



画像はアメリカの「Yester Tec 社」のワークステーションと呼ばれる製品で、シンク中心のクリーンアップステーション(上右)、冷蔵庫組み込みの収納キャビネット(上左奥)、クックトップ中心のクッキングステーション(下左)など、それぞれ独立したユニットで構成されたキッチンになっています。



置き型ですから当然建物(壁)には固定しません。



ヨーロッパでも同様のコンセプトのキッチンが見られます。



日本では「トーヨーキッチン」がそれらしき製品を出しています。同社の製品はかなりヨーロッパナイズされていてモダンデザインのものが主体ですが、このようなトレンドを取り入れるのも上手な会社だなと思います。






もちろん、オーダーメイドでも置き型タイプのキッチンは作れます。と言うか、そういうものを作るのは得意です。



ここは欧米のキッチンデザインのまねをしないで、日本独自のスタイルを取り入れたキャビネットで作ってみたいですね。昔の「水屋箪笥」のようなデザインはどうでしょう?



Unfitted Kitchenに興味があるという方はぜひ台所計画工房へ。