二酸化炭素削減と脱臭 - 住宅設備全般 - 専門家プロファイル

松林 宏治
株式会社共生エアテクノ 代表取締役/におい刑事(デカ)
住宅設備コーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設備

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

二酸化炭素削減と脱臭

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設備
  3. 住宅設備全般
臭気判定士
まいど!NHKドキュメント密着!におい刑事や
はなまるマーケット、女性セブン、J-WAVE等でお馴染み、
消臭脱臭専門会社、(株)共生エアテクノ の臭気判定士、
通称「におい刑事(デカ)」 がお届けしております。


実は、二酸化炭素の濃度が高いと、
集中力が欠如する悪影響があります。


今日は、その二酸化炭素を削減する脱臭システムのお話しです。


といっても、もちろん、外部へ排出される(機械等から発生する)
CO2を削減するためのシステムです。


今、実際に、とある食品スーパー様へ御提案しており、
テストも順調だと、弊社の臭気判定士から聞いております。


例えば、実際の提案例を出しましょう。


ゴミ置き場が、200m3くらいの容積です。
ゴミを腐敗させない為に、常時冷房を稼働しています。


その冷房費用が、約50万/年。
CO2排出量は、その消費電力から計算すると、
1.89kg/hrです。


これを、冷房をやめてもらいます。
その代わり、腐敗を抑え、臭気も除去し、菌も除菌できる
酸素クラスター除菌・脱臭装置(業務用産業用脱臭装置)
http://www.201110.gr.jp/2007%20sannsokurasuta-%20syousai.html
を設置してもらいますと・・


二酸化炭素発生量は、その消費電力から計算すると、
0.04kg/hrになるのです。


何と1/50です!


もちろんランニングコストだって、前述の50万/年に比べれば、
格安になります。軽く見積もっても、1/5にはなります。


既存のゴミ置き場。


脱臭も出来て、除菌も出来て、
二酸化炭素発生量も減らせて、
メンテナンスのランニングコストも安くなる。


こんな夢のような脱臭システムを実現し、
地球の未来の空気環境に貢献します!


ぜひ共生エアテクノまでお問い合わせ下さい。
http://www.201110.gr.jp/autores/form1.html


におい刑事のツイッターは↓です。
お気軽にフォロー下さい!
http://twitter.com/nioideka