401kのメリットを最大限に活かす - 公的年金・年金手続 - 専門家プロファイル

山中 伸枝
ワイズライフFPコンサルタント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:年金・社会保険

森 久美子
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

401kのメリットを最大限に活かす

- good

  1. マネー
  2. 年金・社会保険
  3. 公的年金・年金手続
401Kを成功させる!8つのアドバイス

突然、老後資金を全て自己責任で運用し準備することになったら、あなたはどう思いますか?



自分で経済情勢を見ながら且つ、リスクを抑えるために適度なバランスで金融商品を適時選択する・・・なんて、本当に自分でできるのだろうかと正直不安に思いますよね。

会社がそれまでの企業年金を止めて、401k(確定拠出年金)の会社型になる。
自営業で公的年金だけでは不安なので、401kの個人型になる。

そんな選択肢が現実として増え初めています。

このシリーズでは、401kが会社で導入された、または401kを自ら選んだという皆さんへ、どうすれば401kを成功させることができるのか、8つのポイントに絞ってアドバイスをさせていただきます。

◇ 401kを成功させるアドバイスその1:制度のメリットを最大限に活かす!

401kの最大のメリットは、ズバリ「税金」です。掛け金を支払っている時、運用の利益が出たとき、年金を受け取る時の3つの段階で、税金がお得になるのです。

個人型の場合、払った掛け金は所得控除といって所得税がかからないお金になります。

運用益にも税金がかかりません。儲かった金額に対して、普通なら10%または20%(商品によって異なる)課税されるところ、それがかかりません。

受け取る時にも、税金が優遇されます。年金として受け取れば公的年金控除が使えますし、一時で受け取れば退職金控除が使えます。

個人が運用できる金融商品で、税金がここまで優遇されるものは、他にはありません。是非確定拠出年金のメリットを最大限に活かして、運用していきましょう。

「確定拠出年金」に関するまとめ

  • 確定拠出年金(401k)の運用方法を学んで自分の力で年金額を増やしましょう!

    最近多くの企業で導入されている確定拠出年金(401k)。いきなり確定拠出年金の導入が決まって、慌しく運用を始めてしまった方いませんか?せっかく確定拠出年金の運用をすることになったのですから、運用時の注意点や確定拠出年金のメリット、節税方法方法を理解して年金額を増やしましょう。 多くの専門家がオススメしている確定拠出年金(401k)。自分で資産を増やせるチャンスです!