ゲーテッドコミュニティー「要塞都市」 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

有限会社椿建築デザイン研究所 代表取締役
東京都
建築家
03-5963-3696
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ゲーテッドコミュニティー「要塞都市」

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
最近日本でも防犯のために住宅地の廻りをフェンスやゲート、防犯カメラで囲んだ「ゲーテッドコミュニティー「要塞都市」が増えつつあるとの記事が、産経新聞/A
に載っていた。

アメリカでは1980年代から増え始め現在は5万カ所あるといわれている。ちょうど1979年から1981年までロサンゼルスに居たときに、ベバリーヒルズよりさらに高級住宅地といわれた
A HREF="http://wikipedia.qwika.com/en2ja/Bel-Air,_Los_Angeles,_California" TARGET="_blank"
ベルエア地区
/A>のゲートを思い出す。ゲート脇には常駐の警備員がおり、専用のパトカーが24時間警備しているエリア。そのゲートから出てきたベンツオープンカーに憧れの視線を送っていたことを思い出す。

日本では2000年ごろから徐々に現れて、現在150カ所ぐらいのようだ。
アメリカでは住む人種や富裕層と貧困層で完全にエリア分けがあったが、近い将来日本でも同じような現象の表れが「ゲーテッドコミュニティー」なのかもしれない。

ただ、昔の日本はフェンスやゲートを作らなくてもしっかりしたコミュニティーが存在して、お互いに安心安全を作り上げていたのだが、それが出来にくい現代社会に問題があるようだ。

「ゲーテッドコミュニティー」のような安心安全の要塞都市をどうつくるか以上に、人のと人の絆をで街ができないものなか? まちづくりの理想と現実は多くの問題を抱えている。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
有限会社椿建築デザイン研究所 代表取締役

本物志向の大人に似合う「和風モダンスタイル」の住まいを提唱

環境、自然素材、快適性、気候風土、公共性……これら全てにこだわりながら、時を経るごとに魅力を増す本物志向の住まいを。それが私の提案する「和風モダンスタイル」です。家具類などもオーダーで設計し、お客様にとって理想的な居住空間を実現します。

03-5963-3696
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。