◆ 夢ににつながる大切なプロセス - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

鮎川 詢裕子
クラリティマインド 
東京都
ビジネスコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

◆ 夢ににつながる大切なプロセス

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
最近、「困っていること」、「燃えていること」、「夢(目標)」の中から

ひとつを選んで、話す機会がありました。



私は、「夢」について語りました。


自分の中にある気持ちや、思い、考えを外に発するという行為はエネルギーが

上がります。


相手の方が頷いて聴いてくださると、勇気が湧いてきます。



相手の方は、「困っていること」について話して下さいました。



私の認識では、課題テーマである 「困っていること」、「燃えていること」、「夢(目標)」は

違うと言えば違いますが、見方を変えれば実はどれもそんなに違うことではない

とも思っています。

夢を語っているということはまだ実現していないわけなので、これから乗り越えることがあります。

乗り越える手前のことを「困っている」状態ということもできます。

夢や目標に向かっている気持ちを「燃えていること」ということもできます。


どこに焦点をあてているかの違いや、ひとつのプロセスのどの段階にいるかということだと

考えられることも結構あります。



かつて、産業カウンセラーの勉強をしていた頃、ロールプレイを行っている時に

多くの方は悩んでいることをテーマになさっていましたが

私は、クライアント役として、なりたい状態をよくテーマに話していました。


当時は、コーチングとカウンセリングの違いを知りたい

とか

コーチングとカウンセリングは実は近いものなのではないか?

といった疑問から、自分なりに実験をしていたものです。^^


カウンセラー役とのやり取りを聴いている人たちは、成り立つのか?といった

様子で見ていましたが、成り立つものなのだと少しびっくりしていました。


本来行きたい方向、なりたい状態とは違うから、悩んだり、困ったりするのかも

しれませんね。


この先には、まだ気づいていないかもしれないけれど、なりたい状態や夢が

潜んでいるのかもしれません。