「小学五年生」「小学六年生」休刊と逆に急成長の企業 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

ネットビジネス研究会 代表取締役
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「小学五年生」「小学六年生」休刊と逆に急成長の企業

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
ネットビジネス必須情報 マーケティング
小学館の学習雑誌「小学五年生」「小学六年生」を休刊すると発表しましたよね。

 http://www.asahi.com/culture/update/1026/TKY200910260317.html

ちょっと衝撃でした。


なんと言っても、この小学○年生シリーズは、
そもそも「小学五年生」「小学六年生」からスタートしていて
好調だったので、以後に1年から6年まで揃えたシリーズもの。


他にも「科学と学習」とかベネッセの『進研ゼミ小学講座』があるけど
私らの世代には何と言っても忘れ難い存在です。


一度、掴んだ顧客を毎年リピートして積み上げていく方式は
マーケティング的には基本で、そのお手本見たいなビジネスモデル。


1973年に「五年生」が約63万部、「六年生」が約46万部あったらしいが
今では、その10分の1という悲惨な結果であり、休刊も納得である。

それを発行部数で見ると分かりやすい。

       2006年  2007年  2008年 
小学一年生 31.8万部→29.9万部→25.5万部
小学二年生 23.0万部→20.9万部→16.7万部
小学三年生 15.1万部→15.8万部→12.1万部
小学四年生 9.5万部→10.4万部→ 9.1万部
小学五年生 6.2万部→ 6.7万部→ 6.3万部
小学六年生 5.2万部→ 4.7万部→ 5.0万部

日本雑誌協会のデータによる各誌ごとの発行部数



この発行部数の推移を見て分かる通り
毎年、学年が上がる度に発行部数が減っています。

つまり小学5年生まで読んでいるのに、
小学6年生になる頃には読まなくなる人がいる
ということです。


これを増減比にしてみると

        2006年     2007年  2008年 
小学一年生 31.8万部( - )→29.9万部( - )→25.5万部( - )
小学二年生 23.0万部(72%)→20.9万部(70%)→16.7万部(65%)
小学三年生 15.1万部(66%)→15.8万部(76%)→12.1万部(72%)
小学四年生 9.5万部(63%)→10.4万部(66%)→ 9.1万部(75%)
小学五年生 6.2万部(65%)→ 6.7万部(64%)→ 6.3万部(69%)
小学六年生 5.2万部(84%)→ 4.7万部(70%)→ 5.0万部(79%)

毎年7割前後で減っていることが分かりますよね。


毎年20%くらいの顧客が自然減するとマーケティングでは言われます。
例えば、引っ越してしまうとか、亡くなってしまうとかの理由で。

ただ、このビジネスの場合は引っ越しても大丈夫だし
亡くなる率も低い年代なので、読むこと自体を止めているんでしょう。


でも、もっとも大きな問題は分母が減っていること。


つまり小学1年生を読む始める人数が毎年減っていているのが
最大の原因ですよね。そう、少子化です。



子供向けのビジネスは少子化の影響を受けそうですね。
特にアナログ媒体は新しいビジネスを始めないと厳しそうです。



と結論づけるのは簡単なんですが、
ところが伸びていることろは伸びている。


ライバルだったベネッセの通信講座「進研ゼミ」の会員数は
2009年4月時点で404万人と増え続けている。

さらに「進研ゼミ」小・中・高校講座の月当たり顧客単価も
増え続けている。


詳しくは2009年の決算資料を
 http://www.benesse-hd.co.jp/ja/ir/doc/latest/fy2009.pdf
ご覧下さい。





まずは赤ちゃんから獲得するために
「たまごくらぶ」「ひよこくらぶ」を発行し
テレビでは「しまじろう」やCSなどでアニメ番組を持ち
小さいころからベネッセの教材の認知度が高い。


ここからの積み上げですよね。



生涯教育をうたったベネッセの戦略勝ちってことですね。



ベネッセの前身は福武書店。
元々は生徒手帳を作っていた会社です。


それが僅か50数年で以下のような巨大企業に。


≪教育≫
『進研ゼミ』・『こどもちゃれんじ』在籍数396万人(対象生徒数の約20%)
『進研模試』など指導教材など、取引高校数4969校(全国高校数の約94%)

≪語学≫
全国73の国と地域で展開、全557拠点(世界最大規模)

≪介護≫
介護付き高齢者向けホーム数129拠点(国内最大規模)
売上利益37,130百万円は業界随一

≪出版≫
妊娠育児雑誌『たまごクラブ』等発行部数51万部

引用
 http://rikunabi2010.yahoo.co.jp/bin/KDBG00100.cgi?KOKYAKU_ID=0180582027


恐るべしですね。


戦略は大事っす。


リアルタイムでノウハウを公開しています



★その他のコラムを読みたい方はコチラ↓

ネットビジネス・アナリストの評価を得たコラム一覧  9月

ネットビジネス・アナリストの評価を得たコラム一覧  8月

ネットビジネス・アナリストの評価を得たコラム一覧  7月

ネットビジネス・アナリストの評価を得たコラム一覧  6月

ネットビジネス・アナリストの評価を得たコラム一覧  5月

ネットビジネス・アナリストの評価を得たコラム一覧  4月

ネットビジネス・アナリストの評価を得たコラム一覧  3月

ネットビジネス・アナリストの評価を得たコラム一覧  2月

ネットビジネス・アナリストの評価を得たコラム一覧  1月

ネットビジネス・アナリストの評価を得たコラム一覧 12月

ネットビジネス・アナリストの評価を得たコラム一覧 11月

ネットビジネス・アナリストの評価を得たコラム一覧 10月



*イーンスパイア(株)からのオススメ情報
**「真のSEO」のテキスト販売を開始しました

**月々3000円からの有料サポートSNS開始しました

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(Webプロデューサー)
ネットビジネス研究会 代表取締役

インターネットを使ったリアルビジネスの売れる仕組み作りが得意

PCやネットの知識が豊富でもネットビジネスで成功できるとは限りません。「リアルあってのネットビジネス」というスタンスで、リアルビジネスのノウハウにまで突っ込んでアドバイスします。お客様を深く知ることが不可欠なので、当然「地元密着主義」です。

カテゴリ 「ネットビジネス必須情報」のコラム