【ワクワク実現者 柴崎智弘 物語】 第一話 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

伊藤 健之
ユー・ダブリュ・コンサルティング 代表
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【ワクワク実現者 柴崎智弘 物語】 第一話

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
ワクワク実現村
2006年4月。
思い返せば、私のサラリーマン人生は挫折の連続だった・・
大学を卒業して、はじめての就職。
どこにも行くところがなく、よく分からないうちに入った会社は、商品先物の会社だった。
お客さんに「警察を呼ぶ!」とか「''詐欺!''」とか言われてしまう仕事に心を痛め、半年で退職することになった。

その次の会社では新規の営業開拓を一任され、無我夢中で仕事に取り組んでいた。
「柴崎さん、うちで働かない?」
ある日、よその会社から声がかかった。

「こんな自分に!?」
大きな喜びを胸に転職を決意した。

この会社では、アメリカ農村部、および日本の食品加工会社の販路開拓を任された。
2年間やりがいのある仕事をしていたが、どうしても克服することができないものがあった。
穀物機械そのものと、非効率な営業である。
機械のことが分からず、お客様の質問や悩みに答えられないこともしばしばあった。
しかし、上司は「とにかく回ってこい」を繰り返す。
そうしたお客様への姿勢に納得できず、悶々とした毎日を過ごしていた時に、今の会社に出会う。

「営業の世界に革命を起こす」
「これまでにない効率的な営業」
その魅力的な言葉に誘われ、今の会社、今の仕事を始めることになった。

しかし、理想とは裏腹。今まで対面営業でやってきた私には、あまりにも慣れない、非対面営業。
要するに電話営業だ。
対面営業と同じ事を電話で行うという、なんとも新しいことではあったのだが、それだけに私は、またすぐに挫折してしまうのであった・・

(続きはこちら