練馬区平和台3丁目/昨日から解体工事始まりました! - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

のせ一級建築士事務所 代表
東京都
一級建築士 インテリアコーディネーター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

練馬区平和台3丁目/昨日から解体工事始まりました!

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
●高断熱・高気密/オール電化・省エネの住まい造り
昨日から、I様邸のこれまでのお住まいの解体工事が始まっております。

写真左の建物は、7月にお引き渡しさせていただいたK様邸です。
隣の隣で今度新たに工事をさせていただくことになりました。(写真左)

現場周辺地図↓↓
http://www.assetfor.co.jp/documents/i_tei_chizu.pdf

1件工事をさせていただいてその周りに弊社の建築が広がってゆくことは
責任も重大ですが、大変うれしく思います。

<↓以下の写真は、弊社ブログを是非ご覧下さい。>
http://blog.goo.ne.jp/assetfor/e/5465615ae942b7e5f00c5725e2b60071
今日は台風の影響で風が強いので職人は入っておりません。
昨日の段階で建具などはずしておりますの
家の中にむこうの青空が見えています。

奥様からお電話を頂戴し、
「現在の天井材は使えないかしら?」ということでしたので
奥様と現場で立ち合いをいたしました。

コンセント周りのグラスウールも真っ黒です。

カビか何かわかりませんが築30年以上のグラスウールは真っ黒です。
「私、掃除しないから〜。」I様。
「I様のせいではありません!!
掃除の問題ではありません。壁の中は掃除できません。」
台所の油汚れや、外部の砂ぼこりなどが小さな隙間から壁内に入りこみ
このようになってしまうのです。
室内の湿気が入りこめば、壁内結露となるわけです。

「ここは雨漏りしたところよ〜」とI様。
ザラ板(横にうっている木材)が腐っておりました。
当然、グラスウールもカビていたでしょう・・。
グラスウールを包んでいる厚紙も虫が食ったあとがみえます・・。(写真右)

最近では、グラスウールを包むものが紙からビニールや薄いアルミシートになっておりますが、
虫が食わない保証はありません。

<↓以下の写真は、弊社ブログを是非ご覧下さい。>
http://blog.goo.ne.jp/assetfor/e/5465615ae942b7e5f00c5725e2b60071
「ここに貝殻虫みたいなのがいっぱいいたのよ〜。写真撮っておいて〜。」とI様。
増築部分の壁の中の筋交いに虫の卵か、貝殻虫か解りませんが
くっついていました。

虫嫌いの女性は、これをみると鳥肌がたつと思いますが、
こんな虫です。
壁の中を空洞にしておくと、将来に何が起こるか解りません。
一度、入りこんでしまうと、壁の中は暖かく、
虫達にとっては とっても心地よい住みかになってしまうのではないでしょうか?

壁面内に硬質ウレタンを充填して密閉してしまうFP工法は
こういう点でもすぐれた工法であると改めて感じてしまいました。

グラスウールやロックウールを使って長期優良住宅と称している会社が
たくさんあるのですが
「ほんとに長期にもつのかい??」という正直思いでございます。






弊社ホームページをご覧いただきますと現場周辺地図、現場見学会の情報、
ブログでは現在建築中の現場の写真をご覧いただくことができます。

<女性建築士・インテリアコーディネーターと創る体に優しくエコロジーな家づくり>
練馬区と板橋区で高断熱高気密FP工法、省エネルギー、オール電化、
太陽光発電と自然素材を使ったエコロジーな住まいを建築する
地域密着工務店です。
株式会社 アセットフォー
http://www.assetfor.co.jp

東京都練馬区北町2−13−11
03−3550−1311
東武東上線 東武練馬駅下車 徒歩4分

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 一級建築士 インテリアコーディネーター)
のせ一級建築士事務所 代表

女性のためのサポート・セカンドオピニオン専門建築士事務所

住まい建築、購入、リフォームを考えていらっしゃる女性のための建築士事務所です。一生に何度も経験する訳ではないので、解りにくい建築や不動産の事。 どんなことでもざっくばらんにご相談ください。 当事務所を転ばぬ先の杖としていただければ幸いです。

カテゴリ 「●高断熱・高気密/オール電化・省エネの住まい造り」のコラム