店舗に適した形状とは - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

平原 光人
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

店舗に適した形状とは

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
店舗設計のノウハウ
店舗に適した形状は、業種によってさまざま
ですが、間口:奥行きが1:1.6が使いやすい
とされています。

この比率の事を黄金比と言われています。
一般的には、1:1.5〜2.0くらいの比率が
店舗として使いやすい。

間口が広い店舗は、日用品や食品など購買頻度が
高い商品向きです。外から店内が見えるようにし
購買意欲を引き出す事ができます。

間口が奥行きの2倍以上になると、客単価が
上がりません。その場合は、お客が店内を回遊
できるように、出入口を左右どちらかによせる
などしてお客の動線を考慮して店舗設計する
必要があります。

奥行きが深い店舗は、高級品などの買回り品に
適しています。
店舗の奥まで回遊させるように、店の奥のほうに
お客の興味をひきつけるディスプレイを設置する
など工夫が必要です。

特に注意する点としては、デットスペースが
生まないように店舗設計をすることが必要です。


一級建築士事務所 ナユタ
http://www.nayuta-co.com/

納得!暮らしの快適空間
http://www.kaiteki-kukan.net/