長澤英俊展 オーロラの向かう所 - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

前川 知子
株式会社ハウスオブトゥモロー 
インテリアデザイナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
石井 純子
(インテリアコーディネーター)
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
稲垣 史朗
(リフォームコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

長澤英俊展 オーロラの向かう所

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
展覧会日記

川越市立美術館、埼玉県立美術館、遠山記念館の3館で同時に行われていた
一連の長澤英俊展を、終了間際に駆け込みで見てきました。
埼玉県立美術館だけは、時間切れで見れなかったのですが、今まで設置してある
パブリックアートを1点づつ程度は見てはいたのですが、まとまった長澤氏の
作品を見たのは実はこれがはじめてでした。

素材感とバランス感覚に優れた作品はどれもすばらしいのですが、中でも
特にすばらしかったのは、「オーロラの向かう所−柱の森」です。
光のほとんどない部屋に大理石の列柱が並んでいるのですが、真っ暗い部屋に
カーテンを開けて入っても、なーんにも見えないので、じっと待つことおそらく
20分以上。だんだん柱が見えてきます。
周辺を回ったり、列柱の間を縫うように歩いてみたり、少しづつ、様々な
表情を見せてくれる彫刻に、すっかり心打たれました。
40-50分くらいはいたのでしょうか。最後には、本当にわずかな光の差まで
感じるようになっていました。この作品、面白いなー

暗順応には、あんなに時間がかかったのに、明順応はなんと早いことでしょう。
一歩部屋を出たら、すぐに順応してしまいました。
中島吏英 - Unwind - 展 @ void+ でも、最近体験した水戸芸術館の
「現代美術も楽勝よ。」展に展示のあったジェームズ・タレルの「ソフト・セル」
も、暗闇の中で感じるアートです。
現代って、暗闇が足りないのでしょうね。