病は気から!ストレス性障害の意外な原因と対策(4) - 心の不安・性格改善全般 - 専門家プロファイル

東京都
医師
03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

斉藤ヒカル
斉藤ヒカル
(潜在意識セラピスト)
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

病は気から!ストレス性障害の意外な原因と対策(4)

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 心の不安・性格改善全般
(続き)・・ストレス障害やうつ病の意外な原因として注目されているのが「食生活」の乱れです。うつ病の方の食生活を観察すると、おしなべて栄養バランスが乱れています。中でもよく目に付くのが添加物や砂糖の取り過ぎです。スナック菓子やインスタント食品などに多量に含まれており、これらの摂取量が多いとストレスに弱いとされています。

砂糖は脳によい・・などと言われることがあり、確かに糖質は脳の活動に必要なものです。しかし多量に頻繁に摂った場合、反応性の「低血糖」を繰り返し、ストレスホルモンのアドレナリンが分泌されるために、逆にストレスを感じやすいとされています。非行少年の清涼飲料水の摂取量が有意に多かった・・という研究データもあります。

一方で、うつ病の方々が不足しがちなのが野菜と果物です。これら植物性の自然食材には、各種のビタミンやミネラルはもちろん、ファイトケミカルという生理活性物質が豊富に含まれています。ポリフェノールやイソフラボン、リコピンなどはその代表で、生体や脳に生命力や抵抗力を与えます。特にお勧めなのが生野菜です。

脳の活動にはアミノ酸も重要で、例えばトリプトファンという必須アミノ酸からは「セロトニン」という神経伝達物質が作られます。このセロトニンが神経末端に於いて不足するのが、実はうつ病の本態なのです。従って、トリプトファンを含む必須アミノ酸を充分量摂取することがうつ病の予防には有効で、それには豆類や海産物などを適度に食べることです。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 医師)

あなたの自然治癒力を引き出し心身の健康づくりをサポートします

病気を治したり予防するにあたり、いちばん大切なのは、ご本人の自然治癒力です。メンタルヘルスを軸に、食生活の改善、体温の維持・細胞活性化などのアプローチを複合的に組み合わせて自然治癒力を向上させ、心と身体の両方の健康状態を回復へと導きます。

03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。