ラダリング法をつかってキャッチコピー - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

本間 卓哉
企画マーケティング部 リーダー
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ラダリング法をつかってキャッチコピー

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
Webマーケティング

ラダリング法でキャッチコピーを考える


皆さんは「ラダリング法」という言葉をご存じでしょうか。

マーケティング調査に使われる手法の1つで
「なぜあなたにとってこの商品は価値があるのか」とっいった
質問を繰り返すことにより、商品が持っている属性を明らかにし、
その機能的な便益、情緒的な価値、精神的価値を明らかにしていく手法です。

具体的な例をあげてみましょう。

車に装備されているエアバッグをラダリング法をつかって掘り下げていきます。

-----------------------------------------------------------
 ★「エアバッグ」
 ↓ なぜあなたにとって大切なのですか?
 ★衝突しても安心
 ↓ 衝突しても安心なのは、なぜあなたにとって大切なのですか?
 ★安心して運転できる
 ↓ 安心して運転できるのは、なぜあなたにとって大切なのですか?
 ★家族を大切にしたい
-----------------------------------------------------------

「エアバッグ」という商品機能が最後は「家族を大切にしたい」といった
情緒的・心理的便益に変化していくことがわかります。

キャッチコピーを考える際、この情緒的・心理的便益に変化した部分に
注目してみると、訴求力のあるものができるかと思います。

上のエアバッグの例でいえば、「エアバッグはあなたの家族を守ります」
といったコピーがすぐに思い浮かびますよね。

まずは、堅苦しく考えず、身の回りのものをラダリング法をつかって
どんどん、掘り下げていきましょう。思わぬ発見をすると思います。