まだまだ理解されていないのも現状 Part2 - リフォーム・増改築全般 - 専門家プロファイル

阪本 貴洋
有限会社NOW 代表取締役
リフォームコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

まだまだ理解されていないのも現状 Part2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. リフォーム・増改築全般
リフォーム1・2・3! 新築の知識も少し

「住宅の品質確保の促進などに関する法律」(品確法)


1.「住宅の基本構造部分についての10年間の
     瑕疵担保責任の義務付け」
2.「日本住宅性能表示基準の制定と性能表示制度の導入」
3.「住宅専門の紛争処理機関の新設」

が、2000年4月から主軸となり施行されています。

今回は、2番目の
「日本住宅性能表示基準の制定と性能表示制度の導入」
について触れていきましょう。

住宅性能表示基準とは



購入者が、メーカーや工法の違いによる住宅の性能を

客観的に比較する為の共通項目です。



と聞くとほとんどの人は、

「ほう!では全項目最高等級が理想のマイホームですね」

と言われる。


そうとは限りません!


なぜ?

と、なられたかと思いますので簡単にお答えいたします。
項目の中に音環境という項目があります。

これは、騒音の防止など聴覚に関する項目です。



あなたのお家が、閑静な住宅街にあるのであれば、
遮音性能が最高のクラスのサッシを付ける「必要性は、ない」ですよね。

構造安定のために壁面を多くすれば、
窓のような開口部分が小さく・・・採光面積が狭くなって

「暗い・・・」

ってなりますよ。

少々極端な例ですが、

最高等級=最高のお家ではない!!



という事を覚えておいてください^^

要するに



「日本住宅性能表示基準の制定と性能表示制度の導入」とは、

一つの目安


であり、住宅のすべてを決めるものではない!ということです。

1.デザインの良さ
2.居心地
3.素材
4.動線

など、ライフスタイルにおいての重要な要素は、
表示項目では、得られませんのでご注意ください。