国民年金を一年サボると… - 保険選び - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

国民年金を一年サボると…

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
年金 国民年金
私は現在、22歳の社会人なのですが、20歳〜21歳までの約一年間とちょっとは学生だったために年金の延納手続きをしました。
その後、その分の年金を追納していません。
この場合、学生時代分の年金を納めないと将来的に受け取る額などが不利になるのでしょうか?

私は来年結婚するのですが、その後も仕事は続けます。
できるだけ仕事を続け、子育てなどでどうしても、仕事をやめなくてはいけなくなった場合のみ、夫の扶養家族の手続きをしようかと思っています。
その方が経済的にも心理的にも安定しそうなので。

伊藤さんのコラムを読んでいると、将来のことを本当に真剣に考えなくてはいけないなぁと思います。
自分の生活を自分で守れるように、がんばっていこうと思います。

学生時代分の年金を納めないと、将来的に受け取る額などが不利になるかどうかに関して、概算でどのくらい不利になるかの計算方法をご紹介します。

80万円×[年金を納めなかった月数]/480ヵ月

この金額が65歳以降の年金受給から減額されます。

1年間年金を納めないとすると年間2万円、65歳からの受給が減額されることになります。
これを不利と取るかどうかですね。

また、できるだけ仕事を続けられることも賛成です。現在は妻の労働なくして、住宅購入や教育費支出・老後資金を確保することは極めて難しい時代であると思います。

家計の相談相手、FP知恵の木