自分のことを笑えるか - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

冨永 のむ子
パーソナルクレド舎 COO クレド作家
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自分のことを笑えるか

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
先日イメージコンサルタント仲間と話していたのですが、

彼女は、人の好き嫌いを判断する際、
自分のことを自虐的におとしめることができるかどうか
というところをみるそう。

自分のことを、おもしろおかしく表現して
笑いを取ることができる人。。。

好きか嫌いかという基準は私には無かったですが、

私は、それができる人は、
自分の中に軸があって、
他人の目を気にする必要が無い人じゃないかと思います。

あまりに自虐的すぎて、
聞いてる相手がひいてしまうようなのは別ですが。。

自信がなくて、人に持ち上げて欲しくて欲しくてたまらない人は、
自分を落とすようなことはできないし、
自分を落とすような冗談は本気で憤慨してしまう。

有名人の誰に似てるかとか、そういう話でも、
本当に素敵で余裕がある人ほど、
動物や怪獣(!)や、
異性のお笑い芸人などを、さらっと出して笑っています。

自分を客観的に見ることができているからかな、と思います。

逆に、自信がなくて不安な人は、
そういうものや人に似ているといわれると、
本気になって怒るかも。

ある意味、自分のネタで笑いを取れるかどうかは、
気持ちに余裕があるか無いかのバロメータかもしれません。

・・・と、久しぶりに、禅問答してみました。

自分はどうか、ちらっとふりかえるってのもありかもしれません。