547日記念、って何? - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

今井 英法
マハロマーケティング合同会社 PRコンサルタント
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
うえた さより
うえた さより
(マーケティングプランナー)
福田 幸治
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

547日記念、って何?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略
広報・PR|顧客の心にヒットする売れるコピー

今日のテーマは、半端な数字でPR




YKK APショールーム品川の看板。

あと137歩。

キリの良い数字より、
半端な数字の方が、
信頼されます。

2,000円より、1,980円の方が
お得感を感じてもらえます。

2円安いからでは、ないのです。


キリが良い数字 = 理性的。

半端な数字 = 感情的。


「なぜ半端な数字なの。」って、思わせることができます。

売り手と買い手が創るイベント感もあります。

すぐ活用できるます。

3のつく日は、特売日。
253人目のお客様。
創業528日、大感謝祭。

半端な数字といっても、考えつくのは、実際、難しいです。
何らかの関連性のある数字になってしまいます。

感情に触れるためには、半端でないと。

↓この日齢計算サイト、役立ちますよ。

※日齢計算
http


ご質問、ご要望ございましたら、お気楽にご連絡ください。

以上、ご参考になれば、幸いです。

では、また次回のマハロPR塾でお会いしましょう。


Presented by
知りたかった。知ってよかった。
伝たわる、を創造する
マハロマーケティング
メルマガ[マハロPR塾]考えるマーケティングPR思考