謝れない男の心理 - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

謝れない男の心理

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
恋愛セラピストあづまです。こんにちは。

この記事は、謝れない男の心理と題した私のメインサイトの記事を抜粋したものです。


女性にとって、「謝れない男の心理」は理解しがたいものですね。

これは、女と男の心理の違いから来ています。

女性にとって「謝る」ことは、相手を傷つけてしまったことに対して、悪かったという気持ちの表現であり、愛情の印です。

一方で男性にとって「謝る」ことは、自分に罪があることを認める、責任があることを認めるという、まるで被告人席に立つような感覚があります。女と男の心理って、違うものですね!

彼氏や旦那さんが「謝らない人」だから困ると訴える女性は多いですが、その彼氏や旦那さんは、上に書いたような「被告人席」式の「謝る」を心に持っている可能性が高いです。

また、女性の側のコミュニケーションの問題もあります。
女性はよく、彼氏や旦那さんに「話し合いをしよう」と持ちかけ、嫌だったことなどをどんどん話します。女性同士だと、そうか、あんたはそう感じたんだね、って感じでお互いに気持ちを確認し合えるのですが、女性慣れしていない男性は特に、女性から不満の気持ちなどを話されると、

自分が責められているように感じてしまう

のです。

周りが全部敵で、自分しか頼れるものがいない。そこで非を認めたら裁かれてしまう。そんな状況下では、自分の非は絶対に認められないはずです。

自分の非を認め、謝れるのは、周りにいるのが「味方」だと感じているときです。

彼自身の考え方、感じ方の問題もあるのだと思いますが、怒っているときのあなたは、彼にとって「敵」に見えているのかもしれません。

「男性は、女性の不満や、ネガティブな感情を『自分が責められている』と捉えやすい」、ということを知っていれば、「あなたを責めている訳じゃないけど」とか「話を聞いてくれるだけで楽になるんだけど」など、有効な前置きをおくこともできるはずです。

男の心理を分かった上で上手に対応するのが、賢い女性と言えましょう。
男性心理を理解して、「彼が謝らない」と嘆くのではなく、有効な行動をとってくださいね。
 |  コラム一覧 |