SEOの考え方 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

池本 真人
Div Design Webサイトの一級建築士
東京都
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

武本 之近
武本 之近
(Webプロデューサー)
武本 之近
武本 之近
(Webプロデューサー)
尾島 弘一
(経営コンサルタント)
三井 博康
(Webプロデューサー)

閲覧数順 2017年02月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

検索結果からアルゴリズムを考える



「SEOはリバースエンジニアリング」
ということがよく言われています。

通常、プログラムというものは、
設計図を書きながら、動作原理を自ら考えていくものですが、
SEOというのは、すでにある動作原理から、
逆算して予想を立てて、対策を行っていくのです。


サイトにある変更を施してみたら、順位がこのように変動した。
ということは、こういう説がなりたつのではないか。

上記のように予測して行動していきます。


この考え方が出来ない人は、
ネットに氾濫する、SEOの都市伝説を鵜呑みにしてしまうのです。

SEOというのは、すでにあるアルゴリズムに合わせていくわけです。
つまり、常に一定ではないということが言えます。

リバースエンジニアリングの考え方が出来ないと、
「○○はSEOに効果があるんですか?」というような質問をすることになります。

第一、効果があるということと、
狙っているキーワードで上位表示が可能かということは別物です。

狙ったキーワードで上位表示したいなら、
検索エンジンのアルゴリズムとは別に、
競合サイトの調査も行う必要がありますよね。


ある方法を行ってみた。
大幅に順位が下がった。

それはそれでいいんです。
あなたは一つ大きな勉強をしたのですから。
その積み重ねでSEOの知識が深まっていきます。

SEOとは、固定的なアルゴリズムでありながら、
アルゴリズム自体が流動的に変化していくものです。
一定の方法のみに縛られていては、流れに置いていかれるだけです。
常に頭を柔軟にして、新しい考え方を取り入れられるようにしていきたいものですね。


売上に繋がるサイトの導線作りをご存知ですか?
Webサイトの一級建築士 池本真人
Div Design