弱者のためのSEO戦略 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

池本 真人
Div Design Webサイトの一級建築士
東京都
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

弱者のためのSEO戦略

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
SEO対策

弱者が検索エンジンで戦うために



検索エンジンが順位を決定する要素は、大きくわけると2つになります。

1つは内部要素。
1つは外部要素。

内部要素というのは、サイト内部の作り方や構成。
外部要素というのは、リンクの質や量。

Yahoo!は内部7:外部3
Googleは内部3:外部7

Yahoo!とGoogleの、要素判定はこのような感じで異なります。


現在のSEOはリンクが全てとも言えるところがあります。
SEO業者が何をするかというと、数多くのリンクを送るのです。
そして更新料金が払えなくなったら、全てのリンクを外します。

こんなビジネスに関わりたいですか?
関わりたくないと思うのであれば、自分で戦えるサイトを作るしかありません。

ただ、多くの人が誤っているのが、キーワード選択です。
最初に選ぶキーワード選択が間違っていることが多いので、
リンクをたくさん持っている強者に叶わないのです。

リンクという資産が少ないのであれば、
資産が少なくても戦える場所を探さなければなりません。

強者が少なく、かつ効果が高いと思われる場所を探すのです。
その場をあなたの戦場として戦いましょう。


エセSEO業者は、こういったことを調べたりはしません。
あなたの言われた通りに実行するだけ、
もしくは、相手が上位表示出来そうなキーワードを選んできます。

そして、相手が選んだキーワードは効果が低いものだったりします。
どんなキーワードであれ、上位表示したことで、
SEO業者は面目が立ちますし、あなたは効果が無いことにも気付きません。

Div Designでは、キーワード選定から対策を行います。
上位表示が可能で、成果も見込めるキーワードであなたに利益をもたらします。

もし、あなた自身がサイト制作を行うのであれば、
同じように、成約を見込めるキーワードを探し出し、
そこからサイトの導線を作り上げていかなければなりません。

弱者でも、SEO戦略を間違わなければWeb業界で生き残れるのです。
悪質なSEO業者やHP制作会社に惑わされないよう、
あなた自身も知識を付けていきましょう!


売上に繋がるサイトの導線作りをご存知ですか?
Webサイトの一級建築士 池本真人
Div Design